住宅購入について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅購入について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/05/13 14:35

マンションを購入するのですが(来年3月入居)、結婚したばかりでまだ貯金が少なく、頭金が50万ローン2860万で組む予定です。夫は29歳で年収(額面)402万、私は今年は扶養内ですが来年からは少なくとも手取り月12万以上で働くつもりです。ローンは20年固定で月々¥111669、後管理費や税金に年40万かかります。月々の生活費は13万で年100万くらいは貯金できると思うのですが、子供は出来ないため貯金を200万残しその100万を繰り上げ返済していきたいと思っています。でもそれを販売者やマンションに来ているライフプランナーさんに話すと、それなら低金利にしてもっと繰越返済したほうがいいと言われます。
私は頭金も無く多額のローンを組んだのだから長期固定でその期間内にがんばって支払いたいと思っているのですがどう思われますか?
50歳で返済しそこから老後資金を貯めたいと思っているのですが老後資金はいくらくらい貯めないといけないですか?

りん2さん ( 大阪府 / 女性 / 28歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入と家計

2008/05/13 16:19 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

住宅ローン選びですが、基本は長期の固定金利です。変動金利だけは絶対に選ばないでください。
金利の固定期間については、完済予定によって変わってきます。たとえば今後20年間で完済予定であれば、返済期間を35年にして15年から20年ぐらいの固定期間でもいいでしょう。
今後のライフイベント(予定)を考え検討してみてください。
借入額についてですがご主人さまの年収から考えると少し多いように思えるのですが、もう一度購入後の収支を確認してみてください。奥様が年収200万円以上働けるのであれば現状では問題ないと思います。今後、子供が生まれた場合にはどうするか考えないと生活は厳しくなるでしょう。

老後についてですが、まずは夫婦二人で毎月いくらほしいか考えましょう。ゆとりある平均生活費は月38万円です。老後の支出が計算できたら、年金がどのくらいもらえるのか予想して計算しましょう。収入から支出を引いてマイナスならばそれが貯めなくてはならない額です。
年金のシミュレーションは社会保険庁のホームページで計算ができます。(平均報酬月額がわからないので予想にはなります。)

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/05/14 12:10 詳細リンク

りん2さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『私は頭金もなく多額のローンを組んだのだから、長期固定でその期間内にがんばって支払いたいと思っているのですがどう思われますが?』につきまして、将来お子様が生まれてもりん2さんが働き続けるなどして、ほぼ毎年のように繰り上げ返済ができるのでしたら、早期完済を目指すことになりますので、わざわざ長期固定金利でローンを組む必要はありません。

よって、毎年繰り上げ返済が可能でしたら、短期固定や変動金利など低いローン金利で住宅ローンを組むことになります。

プランナーの方はそのような意図から短期固定をすすめたのだと思われます。

逆に、繰り上げ返済は3年に一回程度ということでしたら、早期完済は難しくなりますので、長期固定金利にしておくことで、返済の途中からローン金利が上がってしまい、毎月の返済額が増えたりすることはありません。

長期固定金利の場合、完済するまで毎月の返済額が変わらないで済みますので、将来のマネープランもたてやすくなります。

りん2さんはどちらに該当するのかで、住宅ローンの固定期間を選んでいただければよろしいと考えます。

尚、老後資金につきまして、一般的には3,000万円は必要だなどと言われていますが、実際には人それぞれの生活水準によりますので、一概には言えません。

現在の毎月の生活費×12ヶ月×50歳からの余命年数に基づき、最低限必要となる老後資金の準備から始めて行っていただければ、取り敢えずは十分です。

りん2さんの場合、住宅ローンを現実に完済することから、始めていただければ老後資金はその後からでも、十分に間に合います。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

杉浦 順司

杉浦 順司
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入

2008/05/13 16:59 詳細リンク

りん2さんへ

はじめまして、イマムラエージェンシーの杉浦と申します。

ご質問の件についてですが、住宅ローンを返済していかれるのはご本人ですからご夫婦でよくお話になって決定するのが一番と考えます。ただし、全体の返済総額を少しでも減らすとなれば短期の固定金利選択となりますが、お二人で繰り上げ返済しながらのご計画であれば長期固定金利でも決して間違いではないと思います。

毎年100万円の返済が可能であれば10年固定、15年固定くらいでも問題はないと思います。一度、金融機関の窓口でも10年後や15年後のローン残高の確認もしてみましょう。

以上、参考にしていただければ幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マンション売却か賃貸か Mone55670416さん  2011-11-20 20:24 回答1件
マンション購入をキャンセルすべきか迷っています tomokosanさん  2008-04-28 00:08 回答4件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
マンション購入にあたり imasuguさん  2012-03-05 09:16 回答2件
住宅購入価格、無理ないでしょうか? greenleafさん  2010-12-02 13:19 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)