Uターン転職/一度会社を退社しようか悩んでいます。 - 転職・就職 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Uターン転職/一度会社を退社しようか悩んでいます。

キャリア・仕事 転職・就職 2006/10/31 18:29

1) 入社1年6ヶ月目、男性25歳。
四大卒 (私大)。専門商社勤務。

2) 現在東京にて働いていますが
結婚を考えている相手がいるので
関西に帰って働こうと考えています。
相手方の事情により彼女を東京に
呼ぶという選択肢は難しい状況です。

3) しかしUターン転職の場合、関西
現地まで面接に行かなくてはならず
なかなか活動がスムーズに行えません。
面接が平日に組まれることが多く,例えば
有給の理由作りにも腐心しています。

4) そこで思い切って会社を一度辞めてから
関西に帰って就職活動をしようかと考えています。

● 一度会社を辞めることに不安があります。
例えば転職市場上、短期間でも会社を辞めることは
不利に働くでしょうか。

宜しくお願い致します。

以上

nao0518さん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:4件


Uターン転職のため先に会社を辞めることについて

2006/11/01 14:36 詳細リンク

こんにちは 細井です。
同じ関西出身者として、お悩みはよくわかります。

離職そのものよりも
長引くことで不利になる可能性があります。
ブランクを作るからです。

ただ、今回のように
「関西で働く」というように実現したいことが
明確に決まっているようなご事情の場合は
思い切って先に辞めてしまうこともよいと思います。

そのときも先に辞めることは決して
「有利にはならない」
ということは銘じておきましょう。

あと、離職してから探す人に
気をつけて欲しいのは
「時間は流れるように過ぎ去ってゆく」
ということです。

気がつけば意外に3ヶ月6ヶ月と
早く経ってしまうものです。

だから、辞める前に東京でできることはやりつくしておく、
このくらいの気持ちでいまのうちから用意をしてみてはいかがでしょうか。

Uターンの場合
とりあえずUターンするということだけしか
決まっていないこともあります。

そんな状態で辞めてしまったら
時間はあっという間に過ぎ去るはずです。

Uターンを自分の機会として考え
自分がこれからなにをしてゆきたいか
それがどの程度関西でかなえられそうかどうか
現地の求人情報を転職サイトや
エージェントなどから集める。

そして考えがまとまってあとは動くだけ、
となったら
思い切って辞める、
それと情報収集中にホットな案件と出会ったら
躊躇せず現職でも応募する、

これがわたしのオススメです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


大切なのは状況判断です!!

2006/11/01 18:04 詳細リンク

こんにちは。アクシスコンサルティング佐藤です。

さてご質問の
「短期間でも会社を辞めることは不利に働くでしょうか?」
にお答えいたします。
やはりUターン転職の方から多くご相談受けますね。

最近は不利か否かは、ほとんどの会社で退職理由が明確で
あれば大きなマイナスポイントにはなりません。
ただし、辞めてからの期間は長くなるにつれ不利に働い
ているのが現状ですのでご注意ください。

私どもエージェントがしっかり次の会社が確定した後に
退職をすすめているのはご本人のリスクヘッジを思い
そのようにアドバイスしています。

それを踏まえ大切なのはその際の状況判断です。
辞めて活動するかどうかの一番の判断ポイントは

★離職期間が長引かないかどうか★

かと思います。
年齢、ご本人の経験を生かせる求人数、希望年収が
現実的かどうか等を総合的に判断し見極めてください。

もちろん私どもその判断のプロですから迷ったらまずは
ご相談いただければ変化する転職市場を見極めアドバイス
差し上げます。

成功祈念しております!!


就業しながら“次”の勤務先を見つけるべきです。

2006/11/01 21:07 詳細リンク

カウンセラーの今沢です。
私の私見を述べさせて頂きます。

先に退職してしまうことは避け、就業しながら“次”の勤務先を見つけるべきです。
今般お悩みの問題点を集約すれば「関西にある企業の面接に訪問しづらい」という1点のみです。

我々の経験から見ますと、公募の場合、書類選考を通過すれば、人事部から何月、何日の、何時に、一次面接にご来社下さいという通知が来るのが一般的です。
特に入社2年目の新人であれば尚更、指定された日時が可能だとは限らないので、困っていらっしゃると推察致します。

しかし、人材紹介会社を通じて応募される場合には、我々、転職カウンセラーが事前に応募先企業の人事部に掛け合って、ご本人が現在就業中で、平日の就業時間内での面接スタートは厳しい旨をお伝えし、了解頂ければ、土・日等の休日や平日の極めて遅い時刻に面接を設定して頂いた事例は、いくつもございます。

又、関西に本店登記されている企業でも、ある程度以上の規模の企業であれば、都内に東京オフィスが存在することがほとんどです。その様な場合、本社の人事部スタッフは、月に1度や2度、東京オフィスへ出張して来られることが多いのです。
特に、新卒採用も行う企業では、いわゆる「就活」の期間は、頻繁に新幹線で往復されているというワーク・スタイルも珍しくありません。

ですから、この様な企業様側の状況をよーく把握している人材紹介会社に頼んで、面接のセッティングの段階から配慮してもらい、極力就業を続けながら2次面接、3次面接と進んでいける様、トライすることをお薦めします。

このような手順を踏めば、面接が進み役員や幹部クラスの面談が入った時点で、一日位有給休暇を消化して対応すれば済むのではないかな、と思います。


「会社を辞めてからの就職活動」はお薦めしません。

2006/11/03 13:35 詳細リンク

アクシスコンサルティングの茂泉です。
今回のご質問ですが、結論からお話しすると「会社を辞めてからの就職活動」はお薦めしません。

会社を辞めてからの就職活動の場合、
・在職中の転職活動よりも不利になる可能性が強い。
・退職から再就職までのブランク期間が長くなる可能性がある。
等、不利な要素が強くなりますが、なによりも最大の問題点は、「貴方が希望する転職先が本当にあるのか?」「貴方が希望する企業や職種に、本当に転職(採用)出来ますか?」ということです。
(関西圏の求人数は首都圏よりもが大幅に少ないという現実もあります。)

もちろん、関西Uターンが出来れば どんな仕事でも良い、年収が低くても良い ということであれば、このような点を考える必要はないでしょう。
しかし、今後の貴方の将来を考えた場合、「会社を辞めてからの就職活動」はあまりにもリスクがあります。

先ずは、具体的な転職のターゲット企業を決めましょう。
実際的にはキャリアエージェント(紹介会社)を利用することをお薦めします。
キャリアコンサルタントは、貴方とのインタビューの中で、マッチする企業や求人案件の紹介をして、それらの企業へのおおよその合格の可能性をお話することが出来ます。
また、実際の応募から面接設定までの代行します。
貴方の忙しい業務の中でも、充分に転職活動が出来るのです。
企業によっては最終面接以外は土曜日の面接やTV会議での面接が可能な企業もあります。
仮に関西で面接を受ける場合も、複数企業の面接を同日にまとめたり、面接の間隔(例えば一次面接と二次面接の間隔)を調整することも出来ます。

東京にいても、関西への転職は充分に可能です。
ご希望を頂けましたら、貴方のご経験・ご希望を伺った上で、具体的な企業提案も可能かと思います。
貴方が関西でキャリアアップ転職のため、現時点では慎重な判断をするべきです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

仕事が続きません。 ジュン5600さん  2011-08-16 10:37 回答3件
24歳民間企業から地元でない市役所への転職について たっぽさん  2012-10-03 22:51 回答1件
司法試験浪人の就職 askproさん  2009-06-26 21:48 回答1件
キャリアコンサルタントになりたい コンソメパンチさん  2016-01-09 15:02 回答1件
院卒、社会人経験2年での留学と転職について nana629さん  2012-01-01 22:23 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

セミナー

無料【就活】講習

大学や塾、親が教えないことが学べます。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

メール相談

就活アドバイス

就職活に関するご相談を承っています。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

メール相談

大学生の保護者のご相談

就職活に関するご相談を承っています。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

対面相談 転職と再就職の個別の相談面談【無料】
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)