扶養に入る手続き - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養に入る手続き

マネー 年金・社会保険 2016/04/23 08:44

私は自営でずっと国民健康保険、国民年金を自分で払っていました。
今年税務署で聞いてみたら扶養に入れるということなので、以前の収入も確認してみると、2年前まで扶養に入れることがわかりました。

旦那の会社で手続きをして扶養に入れることができたのですが、さかのぼって帰ってくる分はどうしたらいいのか、もう一度旦那の会社に聞いてもらったら会社ではわからないといわれてしまいどうしたらいいかわかりません。
どうしたらいいのでしょうか?
さかのぼって扶養に入る手続きを会社がしてくれてないのでは?と不安になりました。

それから、いままで自分で払っていた国民健康保険、国民年金は自分でスットプの手続きをするのですか?

カズーンさん ( 千葉県 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

2 good

再度、会社にお願いしてください。

2016/04/23 10:58 詳細リンク
(5.0)

再度会社にお願いしてください。
ご主人の会社しか手続きできません。

時効は2年間ですので、被扶養配偶者の届け出と3号被保険者の届け出が必要です。
2年前にさかのぼって加入すればOKです。

ただし、証拠書類が必要です。
税務署への確morimasa@octon.co.jp定申告の書類のコピーでよいと思いますが・・・。

国民年金保険料も2年分返還されます。
このあたりは私も社労士ですが、手続の経験がありません。
近くの年金事務所に来週の月曜日に確認して、またご連絡します。

また、上記の書類について、違う様式かもしれません。
そのあたりも含め、ご連絡します。
少し待っていただけますか。

よろしくお願いいたします。

証拠書類が必要
時効
2年

評価・お礼

カズーンさん

2016/05/01 13:56

お返事の仕方がわからず、遅くなって大変もう仕訳ございませんでした。
わかりやすい回答有難うございます。
早速会社のほうにお願いして、手続きしてもらえることになりました。
また、何かありましたら、質問させて頂きます。

平松 徹

2016/05/01 14:11

良かったですね。
質問いつでもどうぞ。(^O^)/

回答専門家

平松 徹
平松 徹
(千葉県 / 社会保険労務士)
株式会社 ソフィア 所長

役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

顧客の役に立てたときに喜びが大きいですね。そのためには顧客のニーズをしっかりと把握すること、それに応えるにはどのようにしたらよいか、いろいろと悩むことが多い毎日です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫の扶養に、なんとか入れませんか? しましまりすさん  2015-08-26 13:02 回答1件
一時所得と扶養 千春さん  2015-03-06 22:35 回答1件
実家の両親を扶養に出来る?医療費は? ウメマァさん  2016-03-01 18:50 回答1件
年度の途中で扶養を抜ける場合について じぇにさん  2016-01-07 22:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)