アンサンブルの全体的なハーモニーについて - 楽器レッスン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アンサンブルの全体的なハーモニーについて

趣味・教養 楽器レッスン 2015/09/18 13:30

クラシック音楽の曲には、弦楽四重奏や木管三重奏等があり、当方が安心して聞ける演奏家の中で、アルバンベルク弦楽四重奏団を例に挙げますが、彼らの様にハーモニーがとれている演奏をする為には、どんな方法があるのでしょうか?

例えば弦楽四重奏であれば、スコアを見ながら和声を判断し、曲の何小節目にある何分音符の音を、第1バイオリンの音程は低め、ビオラは高めにするとかを演奏者が決めたり、又は、客観的に練習を聴いてくれる人がいて、気になるところを指示してくれるとか、でしょうか?

プロのアンサンブルコンサートへ行っても、一人ひとりの音をよく聴くと、音程は合っていると思いますが、全体的にハーモニーになっていない演奏だと、とても残念な気持ちになります。

弦・管楽器は音程を創るものですし、室内楽だと独奏にはない厳しい面があると思います。

当方趣味でクラシック音楽を聴いている程度でして、稚拙な文章で申し訳ありませんが、回答お願いいたします。

もーくんさん ( 香川県 / 女性 / 38歳 )

回答:1件

成澤 利幸 専門家

成澤 利幸
音楽家、打楽器奏者

1 good

室内楽のアンサンブル

2015/09/21 11:34 詳細リンク

もーくんさん、こんにちは。打楽器奏者の成澤利幸と申します。
以前、プロの金管5重奏のリハーサルを見学させて頂いた時のエピソードを紹介します。

2週間後のファミリーコンサートのためのリハーサルで、親しみやすい曲の初見練習でした。
編曲をお願いした曲の楽譜はこの日に届いたそうです。
ざっと一回通してから、
リーダー「終りのほうのここの辺りがよくなかったよね。」
(私の頭の中の声)「そうかなあ…。よかったと思ったんだけど。」
~もう一回、演奏~
リーダー「これだね。これでいきましょう。」
(私)「!!!」
ハーモニーの厚さが増し、旋律と伴奏がすっきりと整えられ、素晴しい演奏に変化しました。

演奏された方のお一人に後でお伺いしたところ、このようなことをしていたと教えていただきました。
・ある人は、全体の響きを増したいので和音の中で音を変更した
・ある人は、バランスをとるために抑え気味に演奏した
・ある人は、和音が整うために決め所では自分の音のピッチを低めにとった

一回通した時に音を間違えずに演奏するのは当然ですがそれだけでなく、
自分の音を聴き、全体の音を聴き、和音やバランスなど曲の構成を捉え、
今演奏している音楽がどのような音を出して演奏しているかを把握していたのです。
リーダーがやったことは「もう一回、やってみるか。」という一言だけでした。
このできごとは一流のプロのアンサンブルのレベルがいかに高いかということを思い知った
衝撃的なできごとで、今も忘れる事はありません。

もーくんさんがおっしゃられた「音を高めにとったり」などは言葉で打ち合わせするよりも
演奏しながらよく聴いて、各奏者が自分で調整しているということです。
プロであれば楽器の基礎もしっかりもってらっしゃいますし、ソリストとしてのキャリアも豊富です。
もちろんスコアを読んだりCDなどを使って予習・復習もされていますが、
演奏しながら和音を聴き取り細部を調整することがメインです。

客観的に聴いてもらう時は、初めて演奏するホールの時にバランスはどうかとか、
客席に一番いい響きに聴こえるにはどのようなセッティングがいいか、という時のことが多いです。

また、メンバーの関係も大きく関わります。抽象的に言うと
「合わせやすい」
ということです。
具体的には、
・テンポ感やタイミングが一緒
・音色が似ているのでアンサンブルとしての音色が整う
・楽器演奏の高い技術
・アンサンブルのコンセプトや音楽観が近い
などでしょうか。
世界クラスの超一流のアンサンブルの中には
国籍や住んでいる場所が違うのにアンサンブルを組んでいることがあります。
合わせやすさをとことん追求していくとメンバーを集めることは地球規模になっていくのでしょうね(おおげさすぎ?)。

もーくんさんのようにお気に入りの演奏者がいることは音楽をより深く知ることができて
とても幸せなことです。
これからも音楽によって潤う生活をお過ごし下さい。

室内楽
アンサンブル
プロ
楽器
音楽

回答専門家

成澤 利幸
成澤 利幸
(長野県 / 音楽家、打楽器奏者)
成澤打楽器音楽教室 
090-8329-7803
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

音楽はみんなのもの

楽器の演奏は専門家からのちょっとしたアドバイスによりスムーズに上達したり音楽の奥深さに触れることがあります。ドラムやマリンバ、いろいろな打楽器のレッスンを通して皆さんのお力になれればと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

チェロ楽器購入について pokapさん  2011-06-29 18:18 回答1件
楽器が上手くなりたいです ちきらーさん  2012-07-12 14:19 回答2件
音楽教室のグループレッスンについて 専門家プロファイルさん  2011-04-05 11:57 回答1件
3歳のバイオリンのレッスンについて N.K.K.545さん  2013-08-24 04:04 回答1件
ピアノ再開時の練習方法 春色帽子さん  2012-12-23 16:17 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

木管アンサンブル・ホルンアンサンブル等のレッスン

2~12名程度の人数によるアンサンブルのレッスンです。

小川 正毅

ありのみ株式会社

小川 正毅

(音楽家)

レッスン・教室

管分奏

オーケストラの管楽器だけで練習します。

小川 正毅

ありのみ株式会社

小川 正毅

(音楽家)

レッスン・教室

金管分奏

オーケストラ、吹奏楽団の金管楽器のみで練習します。

小川 正毅

ありのみ株式会社

小川 正毅

(音楽家)