社会保険の扶養と配偶者特別控除について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険の扶養と配偶者特別控除について

マネー 税金 2014/10/31 16:38

夫がサラリーマン、妻が個人事業主の場合、
妻の収入が130万円超えると夫の社会保険の扶養になれないようですが、
妻はマッサージの仕事依頼を受けて派遣のような形態で仕事をしており
給料明細に日当と交通費の記載があります。

妻の場合は
収入ー交通費の金額が社会保険の扶養や配偶者特別控除の判定金額に
なるのでしょうか?
それとも交通費も含めた受取額が対象になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

happy:gomaさん ( 石川県 / 女性 / 41歳 )

回答:1件

所得区分によって異なる交通費の取り扱い

2014/11/01 10:22 詳細リンク
(5.0)

happy:gomaさん はじめまして

税理士の柴田博壽です。

ご質問にお答えします。

最初にお断りしておきますが、交通費(通勤手当)の取り扱いは

給与所得者と事業所得者の場合とでは異なるということです。

「派遣」の場合、必要経費は、全てご本人が負担する場合があり

ます。そのような場合の対価は、使用者から「報酬」とし支払われる

ことになるでしょうし、ご本人はまた、収入と必要経費を計算して

事業所得として確定申告することになると思います。

これに対して、使用者側が給料支払時に源泉所得税、社会保険料

等を控除して支払い、年末調整を実施し、給与所得の源泉徴収を票

を発行する場合です。これについては確定申告が不要です。

事業所得となる場合は、交通費も収入に含めることになります。

給与所得となる場合は、通勤手当は非課税です。したがいまして

給与所得の源泉徴収票の収入欄には通勤手当の金額は含まれ

ていません。

社会保険の被扶養者の年間の収入金額の確認は、通常この収入

金額欄で判定を行なっているようです。

ご参考になれば幸いです。

柴田博壽税理士事務所

e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp

http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

被扶養者
社会保険
年末調整
源泉徴収
確定申告

評価・お礼

happy:gomaさん

2014/11/02 01:22

ご回答ありがとうございます!
とても分かりやすく教えて頂き参考になりました。
もし教えていただけるなら追加で質問させていただきたいのですが,

妻は事業所得として確定申告しているのですが会社から毎年、
外注支払明細書を確定申告の添付用にに受け取っています。
その内訳に支払総額○○円、保険○○円、交通費○○円、差引○○円と
記載されているのですが、この場合でも支払総額が対象となりそうでしょうか?

ご回答頂けると幸いです

柴田 博壽

2014/11/02 08:27

happy:gomaさん 返信ありがとうございました。

税理士の柴田博壽です。

お役に立てて大変光栄です。

さて、本日の新たなご質問についてお答えします。

一般的には、おっしゃるとおり支払総額が対象になると考えられますね。

一口に交通費と言いましても給与所得者の場合、専ら勤務先との往復に要する

通勤手当のことを指します。そして一定の額までは、給与に加算して源泉課税

を行わない扱いとなっています。いわゆる実費弁済するものは課税されません。

しかし、事業所得者となると申告の必要の有無に関わらず、記帳することを義務

付けられていて、収入と必要経費の両方を記載する必要があります。

そうなりますと、いずれ「交通費」科目で必要軽費に計上する訳ですが、自分

で負担した直接原価や諸費用(これには車両の給油代も入ります。)を含めて

対価を請求することになるでしょうから、両建ての記帳が必要となるわけです。

給与所得者の実費弁済的な通勤手当は,非課税の扱いですから収入には含

めないのだとご理解いただければと思います。

ご参考まで

柴田博壽税理士事務所

shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
(東京都 / 税理士)
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

給与所得と事業所得がある場合の確定申告 配偶者控除について アメジストさん  2013-10-09 06:03 回答1件
税制上と健康保険、社会保険の所得計算の違い bluemamanさん  2009-02-07 12:48 回答1件
個人事業主の配偶者控除について ターチャンさん  2013-02-25 23:30 回答1件
雑所得、事業所得(白、青)の違いと、扶養の要件について ぷっちーなさん  2016-08-22 00:59 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)