相続について - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

相続について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2014/10/31 16:06

父が他界しました。母は既に他界しています。私たちは三人姉妹です。ほかに先妻の子(兄)が一人います。先妻も既に亡くなっています。
父の遺産は、土地・家屋と預貯金のみ。私たちは先妻には会ったことがなく、兄とは会ったことがありますが交流はありませんでした。
相続手続きをするにあたり…
1)子供4人で均等に分けることになると思うのですが、土地・家屋は、先妻と離婚したあと、母と結婚して、父と母の二人で作った財産です。既に母は他界していますが、母の分の1/2を除いた残りを4人で分けるようにしたいと考えていますが、どうでしょうか?兄は、1/4を主張していますが、1/8ではないのでしょうか?
2)父は認知症になり、私は会社を辞めて4~5年介護に従事していました。その分の寄与分を取得できると浅い知識ですが、聞きました。この寄与分をどのように計算されるのでしょうか?
3)1/4になった場合は、土地・家屋は4人の名義にすることがいいのでしょうか?
現在、家には私と次姉が住んでおり、手離したくはありません。交流のない兄と共同名義にするのは少し不安があります。
他に方法はありませんか?
4)預貯金残高は、ほぼありませんので4人で分けるのは問題ありませんが、兄は父に対して介護も世話も葬儀のことも、何ひとつしていないので、本当は土地・家屋を含め、父の遺産について、兄には相続放棄をしてほしいと思っています。法的には相続人であることはわかっていますが、何か方法は、ありませんか?

chocochatonさん ( 東京都 / 女性 / 48歳 )

回答:1件

材津 豊治

材津 豊治
弁護士

1 good

相続について

2014/10/31 17:23 詳細リンク

1)について
被相続人の相続財産についてはその妻の形成分は考慮されません。
したがいまして、相続分は各4分の1となります。
2)について
特別寄与分があった場合は、相続財産から特別寄与分を控除した分を相続財産とし、寄与者はその4分の1に寄与分を加えたものが相続分となります。
特別寄与分の算定は困難ですが、寄与によって被相続人の財産が維持又は増加したことが要件となります。貴女が会社を辞めて介護したことにより、介護のために支出すべきであったものを支出する必要がなくなり、被相続人の財産が減少することがなかったことが基準となります。
3)について
お兄さんは不動産の持分を必要としないでしょから、実勢価格分の4分の1に相当する金員を支
払い持分を譲ってもらうこと(代償分割)で貴女方の名義とすべきです。
4)について
お兄さんは言葉は悪いのですが「笑う相続人」です。しかし、ご本人が放棄しないかぎり法的に放
棄させることはできません。

以上、ご回答いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

相続について marusukeさん  2015-08-01 15:47 回答2件
名義を父に もこにゃんさん  2016-02-21 20:46 回答1件
借地の法律っておかしくない? カトリせんこさん  2014-09-08 20:12 回答1件
特別受益になりますか? sldaiさん  2015-11-13 00:53 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)