廃業手続きについて - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

廃業手続きについて

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2014/06/14 15:08

カテ違いでしたら、すみません。
入院中の父が経営する会社(個人事業、自宅兼仕事場)を廃業させたいと考えています。
従業員はおらず、実質、父一人で全て行っている事業(ガラス屋)ですので、不在の今、頂いた依頼をお断りしている状態です。
運よく意識が回復し、退院できても、おそらく再開することは不可能だと思いますので、赤字続きでしたし この際、廃業しよう。と考えています。
全く未知の世界で、何をどのようにしたら良いのか わかりません。
取引先に「閉店」のご案内を出せば、それで終わるのでしょうか?
何から手をつけたらよいのかわからず、こちらで質問させていただきました。
ご指導いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

虎の巻さん ( 愛知県 / 女性 / 39歳 )

回答:2件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

お答えします。

2014/07/09 23:09 詳細リンク

虎の巻さん、こんにちは。
質問は入院中のお父様が経営する会社(個人事業、自宅兼仕事場)を廃業させるための手順ですね。

弁護士の先生より財産の整理について既に回答されていますので、廃業に関する手続きについて補足させて頂きます。

個人事業の廃業は、開業時に記入する「個人事業の開廃業等届出書」に廃業の旨を記入し、納税地を所轄する税務署に提出をするだけで、廃業することができます。様式は税務署にありますし、国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。
事業を廃止する方で青色申告の取りやめをされる場合は、「青色申告の取りやめ届出書」も提出する必要があります。また、消費税の課税事業者の方及び課税事業者を選択されている方で、廃止する事業のほかに課税売上に当たる所得(不動産所得等)のない方は、「事業廃止届出書」もする必要があります。

下記が各書類の国税庁ホームページのURLです。ご参照ください。
・個人事業の開業届出・廃業届出等手続
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

・所得税の青色申告の取りやめ手続
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200008.htm

・事業廃止届出書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/1461_06.htm

いずれにしろ法務・税務双方により具体的な手続きが必要になることもありますので、専門家(弁護士や税務署)にご相談されることをお勧めします。

虎の巻さんの今後ますますのご発展とご健勝を心よりお祈りいたします。

廃業
経営
国税庁
青色申告
個人事業

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
棚瀬 孝雄

棚瀬 孝雄
東京弁護士会所属 中央大学法科大学院教授

- good

関係者に連絡して財産を整理しましょう

2014/06/23 10:24 詳細リンク

個人事業の廃業とは,結局,財産の整理です。不要になった物品を売却・廃棄し,売掛金があれば回収し,買掛金や借金があれば返済します。まずは,分かっている範囲で,関係者にお手紙を出しましょう。もし返済が必要あれば,連絡があるはずです。公的手続は,残された書類を見ながら進めることになりますが,税務署に廃業届を出したり,例えば,ガラス工事の建設業許可を得ていた場合であれば,都道府県の担当課にも廃業届を出したりします。もうひとつ,注意しなければならないのは,お父様が委任状を書けない状態の場合,家庭裁判所に成年後見の申立てを行う必要があるという点です。ご不安な点があれば,弁護士などの専門家にも相談されながら手続を進めるのが良いでしょう。

廃業
弁護士
税務
後見
個人事業

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

株式会社の廃業について juさん  2010-03-03 18:34 回答1件
債務超過の解消方法 ruisさん  2008-11-13 10:50 回答1件
親の個人事業の継承の仕方について クーちゃんさん  2007-07-27 20:18 回答2件
父の経営していた休眠会社の整理 ゴリーマンさん  2013-02-19 09:42 回答1件
小規模企業の価値評価について 経営初心者さん  2012-06-25 19:51 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)