自宅を増築して店舗にした場合の耐用年数 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自宅を増築して店舗にした場合の耐用年数

法人・ビジネス 独立開業 2013/10/13 19:56

お世話になります。

自宅の一部を増築(6畳間を10畳に)して店舗にし、開業したいと思っています。
この場合、増築費用は固定資産として計上し、減価償却するのだと思うのですが、耐用年数はどうなるのでしょうか。
自宅(持ち家)は築35年の木造住宅です。
中古で、取得した時の価格は土地1050万、建物800万円、当時で築28年、自宅用に使 用していた期間は7年です。
増築費用は500万円です。
この場合、増築費用はどのように計上すればいいでしょうか?
耐用年数、減価償却期間はどのように考えればいいでしょうか?


どうぞよろしくお願いいたします。

philosophiaさん ( 宮城県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

林 高宏

林 高宏
税理士

- good

原則は自宅建物の耐用年数を使います

2013/10/16 00:50 詳細リンク

はじめまして。早速回答させて頂きます。

1)原則

その資本的支出を行った減価償却資産と種類及び耐用年数を同じくする減価償却資産を新たに取得したものとして減価償却を行います。

2)特例

平成23年12月の償却率の改正により、平成24年4月1日以後に取得したものとされる減価償却資産(資本的支出)については200%定率法を、平成24年3月31日以前に取得した旧減価償却資産は250%定率法を適用することになります。このように、異なる償却率が適用されることから、平成24年3月31日以前に取得した旧減価償却資産に平成24年4月1日以後に資本的支出を行った場合には、旧減価償却資産と資本的支出の金額を合算して一の減価償却資産を新たに取得したものとする特例の適用はありません。

このようになっています。増築費用を建物と建物付属設備に細かく分けて、建物以外は定率法で償却することをお薦めします。
(但し、定率法の選択届出書を税務署に提出しないと使えませんのでご注意ください)

耐用年数
改正
取得
設備

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

サラリーマンが、タバコ小売店を開業 有さん  2008-02-26 20:31 回答1件
海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
インドカレー屋開業にあたっての立地について Bilaさん  2014-11-17 07:46 回答1件
特許取得後に開業します。開業費に含まれるものは? ごーしゅさん  2014-07-12 08:59 回答1件
個人事業主から法人へ ビーニャンさん  2009-05-22 16:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)