特許取得後に開業します。開業費に含まれるものは? - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特許取得後に開業します。開業費に含まれるものは?

法人・ビジネス 独立開業 2014/07/12 08:59

私は現在サラリーマンですが、ある発明で特許を取得することができました。

最近になって、製造・販売をしてもらえる企業も見つかり、実施権からロイヤリティー契約を結ぶことが決まり、開業をして、青色申告をしようと考えています。

そこで、「開業費」という勘定項目があることを知りました。ネット上では、この項目には、開業準備にあたる費用を織り込むことが出来るとの情報があり、サイトによっては、それは数年さかのぼることも可能とあります。

可能であれば、この開業費に、今まで特許取得に必要であった弁理士費用や取得のための費用を計上できればなと考えました。

加えて、試作作成に必要であった経費も計上したいなと考えています。

ですが、10万以上の資産は含まないとも書かれていますし、はたしてこのようなことが可能でしょうか?

さらに不可能であれば、ここまでにかかった費用を、別の方法で経費にすることは出来ますでしょうか?

特許は取得してから、2年ほど経過しています。試作も古いものは2年ほど前のものになります。

特許に関しては、今年になって、海外特許取得の費用もかかっております。

素人なので、的を得ていない質問かもしれませんが、ご回答よろしくお願いします。

ごーしゅさん ( 奈良県 / 男性 / 40歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

2 good

開業費として計上可能ですが、注意点があります

2014/08/08 21:07 詳細リンク
(5.0)

ごーしゅ様、こんにちは。

開業に際して、下記の経費が開業費として計上可能かがご質問内容ですね。
(1)これまでに費やした弁理士費用、(2)特許取得のため費用、(3)試作作成に必要であった経費

結論を言えば、(1)(2)(3)ともに開業費として計上することが可能です。
ただし、末尾に記載した参考サイトに有るように開業費に計上できる期間は事業開始前6ヶ月~12ヶ月くらいまでが一般的なようです。

ごーしゅ様の場合には、海外特許取得の費用は今年に発生していますが、試作品の作成からは2年ほど経過していますので、計上できるかを税務署または税理士に確認したほうがよいと思います。


なお、10万円以上の資産を開業費に含むことが出来ない理由は、10万円以上の資産(例えばパソコン等)は繰延資産ではなく固定資産として計上し、資産の種類ごとに減価償却を行う必要があるためです。
ごーしゅ様のケースですと、上記(1)(2)は問題なく計上できると思いますが、(3)が10万円以上の設備の購入を含む場合には、開業費として計上することができない可能性があります。


ちなみに開業費という勘定科目は費用ではなく、繰延資産の科目になります。
開業費の償却の方法としては5年間(60ヶ月)で均等に償却していくか、任意のペースで償却していくか(任意償却)を選択することができます。
任意償却とすることで、例えば、開業1年目に利益が少なく開業3年目に高収益となった場合には、開業3年目に開業費を償却する事で節税効果を期待できます。参考サイトとして、国税庁のHPをご案内します。


最後になりますが、ごーしゅ様の事業成功を心よりお祈り申し上げます。


※参考サイト
濱田会計事務所
http://www.mikagecpa.com/archives/775/
国税庁:償却期間経過後における開業費の任意償却
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/08.htm

開業費
繰延資産
国税庁
税理士
開業

評価・お礼

ごーしゅさん

2014/08/08 23:38

小松様
回答ありがとうございます。

期間に注意が必要とのことですね。明確なご回答で、一番知りたいことが理解できました。

参考にさせていただきます。

ありがとうございます。

小松 和弘

2014/08/13 22:11

ご評価ありがとうございます。
また何かご不明な点などがありましたらご遠慮なくご質問ください。

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
日韓の輸出入 tomopicaさん  2015-01-22 22:07 回答1件
コスメなどの輸入、ウェブ販売 Peewee4さん  2015-11-28 15:23 回答1件
外国企業の代理店契約について hsitehisyさん  2015-10-30 17:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)