親族の扶養や保険について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

親族の扶養や保険について

マネー 年金・社会保険 2007/08/22 00:56

初めて質問させていただきます。

現在私は(給与所得約400万)で妻(所得0)、子供(幼児)1人、父(所得0)、母(年金所得33万)、姉A(所得0)を扶養しています。今後引越しをする予定で父母、姉とは別居となり保険をどうすか、扶養をどうするか悩んでおります。
まず私は医師国保に加入しており、同居でない場合は扶養家族にできないとのことなので3人に国保に加入してもらうか、もう一人同居する姉B(給与所得約150万)の社会保険に加入してもらうかのどちらかかと考えております。国保に加入した場合私が保険料を支払うのでその保険料額と姉の保険料額の増加でどうなるのか思案しています。

次に税金面についてですが、今後私が仕送りをして扶養家族として控除を受けるのと、姉Bが扶養するのとではどちらの方が節税になるのか思案しております。

以上2点について御教授して頂ければと思います、宜しくお願い致します。

j-zaycooljさん ( 奈良県 / 男性 / 32歳 )

回答:1件


ファイナンシャルプランナー

- good

健康保険料は扶養のあるなしに関係ありません。

2007/08/22 06:43 詳細リンク

j-zaycooljさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

ご両親とAさんがBさんの扶養に入ることができれば、一番安く済みます。健康保険料は扶養家族のあるなしには関係ありませんので、扶養に入れたから上がると言うことはありません。

扶養の要件は所得ではなく収入で考えます。
一般的には130万円未満ですが、60歳以上の場合は180万円です。かつBさんの収入の2分の1未満と言うのが一般的ですが、健康保険組合の場合は多少異なることもありますので、とりあえず扶養にする手続きをされてみてはいかがでしょうか?

もし扶養に入れない場合は国保に加入することになりますが、前年の収入で保険料が決まります。市町村によって計算が異なっていますので、役所に問い合わせてみてください。

税制上の扶養は健康保険の扶養とは関係なく所得が38万円以下であれば扶養控除が受けられます。年収の高いほうが節税効果は高いと言えます。

また、3人を分けて扶養とすることもできます。

以上、お役に立つことができれば幸いです。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

j-zaycooljさん

有難う御座います

2007/08/22 14:36 固定リンク

早速の回答有難う御座います、回答拝見させて頂きました。
では、保険に関しては姉Bの扶養にし、税制上では私が扶養する方法が良いという理解でよろしいですね。
別々にするという考えがありませんでした、貴重なアドバイス有難う御座いました。

j-zaycooljさん (奈良県/32歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

父と私、どちらの扶養家族にすればよいでしょうか? kobutasosさん  2013-10-31 12:32 回答1件
今のまま国保か?社会保険に切り替えるか? えさきんぐさん  2013-08-21 20:06 回答2件
国民健康保険か、社会保険に加入するか sakurayaさん  2012-02-16 20:49 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)