個人事業の屋号命名制限 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:独立開業

個人事業の屋号命名制限

法人・ビジネス 独立開業 2011/02/11 19:31

お世話になります。
外国にて設立及び運営されている企業の経営者から
日本支店の設立を考えているとのお話が有り、
受ける事を考えているのですが
支店支社等の法人登記など設立に手間と費用が掛かりそうなので
その外国会社事業を国内で請け負う個人事業として起業する事も考えています。

その場合、個人事業設立の際に「〇〇Inc.日本支店」など
紛らわしい屋号は禁止されているのでしょうか?

補足

2011/02/11 19:31

暫くは会社勤めを続けながらの起業であり
設立資金等は個人の持ち出しになります。

ミサエの父さん ( 神奈川県 / 男性 / 46歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

1 good

会社法の観点でみてみました

2011/03/30 17:09 詳細リンク

ミサエの父さん、こんにちは。
個人事業設立の際の、屋号の制限に関するご質問ですね。

以下のとおり回答させていただきます。


会社法の7条に、
「会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。」
と定められています。

「Inc.」は会社であることを示しますので、
個人事業の屋号としては使うことができません。

個人事業の屋号は、一般的には
「○○事務所」や「○○オフィス」などが多いようです。

会社
個人事業

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

在勤中の起業について 志さん  2013-11-14 14:27 回答3件
外国人夫と夫婦での個人事業起業について akitakomachiさん  2012-06-29 05:58 回答1件
ネイルサロン開業につて sunkanさん  2013-12-23 18:17 回答1件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-23 05:09 回答1件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-16 05:12 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)