ネイルサロン開業につて - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネイルサロン開業につて

法人・ビジネス 独立開業 2013/12/23 18:17

こんにちは
はじめまして
私は外国の方なんですか。
今ネイルサロンを開業したいです。
まず会社は設立しないので、個人事業としてやりたいです。
ビザの方は今は留学ビザ、来年の3月に卒業です。内定ももらいましだので。来年は就労ビザになるので。ネイルサロンの開業は大丈夫ですが?
個人事業で投資経営ビザになる必要がありますが?

以上で
宜しくお願いします

sunkanさん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

経営管理ビザ取得を目指しましょう

2015/12/04 21:14 詳細リンク

sunkanさん、こんにちは。
現在の状況に合わせて回答をいたします。

ご質問は、
外国人が日本で個人事業(ネイルサロン)を開業するにあたって投資経営ビザの取得が必要かどうか?
ですね。

まず前提として、日本に在留する外国人の方は、在留資格(全部で27種類)の決定を受けて日本に入国し在留することになります。
在留資格を持って在留する外国人は、各在留資格ごとに定められた範囲の活動を行うことができると定められています。
したがって、sunkanさんが就職する時には現在の「留学」の在留資格から、上記のうち就労可能な在留資格に変更することが必要になります。
※外務省ホームページ「就労や長期滞在を目的とする場合(ビザの種類)」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/chouki/

その上で、ご質問についてですが、日本で外国人の方が起業する場合(法人登記が必要でない個人事業を含みます)、上記の在留資格のうち「経営管理ビザ(投資管理ビザは2015年4月1日から経営管理ビザに名称が変わりました)」が必要になります。
したがって来年から就職する際に在留資格として変更するものが「経営管理ビザ」でない場合、「経営管理ビザ」を取得する必要があります。

※法務省 入国管理局ホームページ「入管法が変わります」
http://www.immi-moj.go.jp/nyukan2015/

経営管理ビザの取得については、500万円以上の投資が必要であったり、経営者以外に日本に居住する2人以上の常勤社員を雇用する事が必要になる、など一定の許可基準が設けられています。
この背景として、外国人の方が日本で事業を行うにあたって、日本の消費者サイドに立った場合に、事業を継続して運営して頂くことで消費者に不利益がないように、という意味で厳格になっていると考えられます。

※法務省ホームページ「経営・管理」
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00088.html
※国際労働事務所ホームページ「投資経営ビザ、経営管理ビザ」
http://krh-office.com/visa/investment.html

そのため、ネイルサロンの開業における経営管理ビザ取得に関しては、行政書士等の専門家にご相談されることをお勧め致します。
またsunkanさんにおかれましては、今後の事業の開始の準備として、可能であれば信頼できるパートナーを探して事業計画を策定するなど、日本において継続的に事業を運営できるようご検討をされると宜しいかと思います。

以上、sunkanさんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

外務省
法務省
ビザ
在留資格
個人事業

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
個人事業の屋号命名制限 ミサエの父さん  2011-02-11 19:31 回答1件
海外在住ネットショップ開業の税金等について ilohasさん  2016-03-03 16:22 回答2件
コスメなどの輸入、ウェブ販売 Peewee4さん  2015-11-28 15:23 回答1件
2つの専門職で独立開業は可能か hannah.mさん  2014-03-08 21:48 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)