家計管理の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

家計管理の件

2010/03/19 09:42
(
5.0
)

M4431さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このままでは破綻間近だと思うので、アドバイスをお願い致します。』につきまして、ふたり合わせた手取り月収金額33万円に占める住宅ローンの負担割合は34%以上になってしまっていますので、この水準にまでなってしまうと家計に相当な負担をかけているものと思われます。

尚、他の家計支出も拝見いたしましたが、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、家計の見直しではまず住宅ローンを借り換えなどにより、今よりも負担軽減をはかることができるかどうかを検討してみてください。

住宅ローンの借り換えによりメリットがでるための条件として、
・返済期間が10年以上残っていること。
・借入残高が1,000万円以上残っていること。
・現在のローン金利と、借り換えた場合のローン金利との差が1.0%以上になること。
などとなります。

借り換えのときに返済期間を延長するなどにより、毎月の返済額が軽減できないかも合わせてご検討ください。

借り換えにより毎月の返済額を軽減できる可能性がありそうでしたら、借り換えを希望する金融機関あてにご相談ください。

尚、借り換えをしてもあまりメリットが期待できないのでしたら、家計を立て直すための最終的な手段としては家計支出の削減には自ずと限界がありますので、やはり収入を増やしていくということになります。

お子様のためにもご夫婦で力を合わせて頑張ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

M4331さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

M4431 さん

早速の回答ありがとうございます。
住宅ローンは金融公庫から5年前に借り換えました。
信託銀行の20年固定1.8%で残り15年、残金1800万円ほどです。
まずは銀行に窮状を訴えて再度返済期間延長を申し入れて見ようかと思います。
借り換えも慎重に検討してみます。
たいへん参考になりました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リストラで収入が激減、赤字で今後が不安です

マネー 家計・ライフプラン 2010/03/19 08:05

夫婦40歳代・子供一人(4月から高校生)

【収入】
夫 22〜24万円 ボーナス25万円×2回
妻 9万円

月合計31〜33万円、年合計50万円

【支出】
住宅ローン 11万3000円
光熱費 … [続きを読む]

M4431さん (熊本県/45歳/女性)

このQ&Aの回答

今後について 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/03/19 15:29
貯蓄性のある保険は掛け捨てに 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2010/03/19 08:34

このQ&Aに類似したQ&A

この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
子供が産まれますが、ギリギリの家計で心配です shimakoさん  2008-09-12 13:41 回答3件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件