リストラで収入が激減、赤字で今後が不安です - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リストラで収入が激減、赤字で今後が不安です

マネー 家計・ライフプラン 2010/03/19 08:05

夫婦40歳代・子供一人(4月から高校生)

【収入】
夫 22〜24万円 ボーナス25万円×2回
妻 9万円

月合計31〜33万円、年合計50万円

【支出】
住宅ローン 11万3000円
光熱費 1万3000円(電気・水道)
通信費 2万3000円(携帯2台・ネット・NHK)
保険 1万1000円(夫生命医療掛け捨て・妻生命満期あり)
食費 5万円
教育費 2万円(授業料・部活動等)
雑費 3万円(ガソリン代・日用品・医療費等)
夫こづかい 3万円(昼食代等)
親仕送り 1万円

合計30万円
先月まで学習塾代2万3000円があり赤字でしたが進学で無くなりました。
(高校授業料無償化になれば9900円が減り、奨学金申請をしているので校納金分は受給できそうです)

【年間の支出】
光熱費 2万5000円(灯油)
固定資産税 6万3000円
自動車税 4万1500円(2台分)
自動車保険 7万3000円(2台分)
学資保険 11万5000円
生命保険 11万円(夫生命満期あり)
子供交通費 16万円(電車・バス定期代)
融資利息 約4万円

合計約63万+今年は車検18万(2台)


預金がほとんどなく自転車操業です。
赤字分と入学費用のため、学資保険の前借り融資を受けています。
住宅ローンは夫の収入が多かった時に組んだので支払い軽減を申請しましたが、銀行から却下されました。
車は普通車と軽ですが、郊外のためどうしても必要です。
切り詰めていますが減らせるところはもう食費しかなく困窮しています。
妻の収入を増やせればよいのですが思うような仕事がありません。
このままでは破綻間近だと思うので、アドバイスをお願いいたします。

M4431さん ( 熊本県 / 女性 / 45歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

家計管理の件

2010/03/19 09:42 詳細リンク
(5.0)

M4431さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このままでは破綻間近だと思うので、アドバイスをお願い致します。』につきまして、ふたり合わせた手取り月収金額33万円に占める住宅ローンの負担割合は34%以上になってしまっていますので、この水準にまでなってしまうと家計に相当な負担をかけているものと思われます。

尚、他の家計支出も拝見いたしましたが、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、家計の見直しではまず住宅ローンを借り換えなどにより、今よりも負担軽減をはかることができるかどうかを検討してみてください。

住宅ローンの借り換えによりメリットがでるための条件として、
・返済期間が10年以上残っていること。
・借入残高が1,000万円以上残っていること。
・現在のローン金利と、借り換えた場合のローン金利との差が1.0%以上になること。
などとなります。

借り換えのときに返済期間を延長するなどにより、毎月の返済額が軽減できないかも合わせてご検討ください。

借り換えにより毎月の返済額を軽減できる可能性がありそうでしたら、借り換えを希望する金融機関あてにご相談ください。

尚、借り換えをしてもあまりメリットが期待できないのでしたら、家計を立て直すための最終的な手段としては家計支出の削減には自ずと限界がありますので、やはり収入を増やしていくということになります。

お子様のためにもご夫婦で力を合わせて頑張ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

M4331さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

M4431さん

早速の回答ありがとうございます。
住宅ローンは金融公庫から5年前に借り換えました。
信託銀行の20年固定1.8%で残り15年、残金1800万円ほどです。
まずは銀行に窮状を訴えて再度返済期間延長を申し入れて見ようかと思います。
借り換えも慎重に検討してみます。
たいへん参考になりました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

今後について

2010/03/19 15:29 詳細リンク
(5.0)

M4431様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談の件、お書き頂いた収入は、手取り金額という理解でよろしいですか?

確かに、収入が月30万程度で、約11万のローン返済を抱え、さらに、車を2台お持ちとなると、家計は、厳しいですね。

詳しい状況は、分かりませんが、ご両親への仕送りもあるようですし、自転車操業で心理的にかなり追い込まれた状況にあるものと拝察します。

この度、お子さんが、高校に進学され、学習塾代が浮くため、ひと呼吸おけますが、今後、大学までお考えになる場合は、またお金が掛かりますので、相当厳しい状況が予想されます。

郊外にお住まいだと、下宿になる可能性もありますよね。

学資保険も前借り状態のようですし、今後のことをお子さんともよく話し合っておいた方がよいと思います。

経済的な理由で進学できなくなることは、避けたいですから、もし、お子さんが、大学進学を望む場合は、マイホームを手放す選択肢も視野に入れておいた方がよいのではないでしょうか。

もちろん、その場合は、重大な決断になりますので、このような無料相談サイトではなく、専門家との対面型の相談を利用された方がよいと思います。

こちらのサイトでは、あくまでガイダンス的な内容しかお伝えできないこと、ご理解ください。

あまりお役に立てませんが、ひとつのヒントとして、多少でもご参考になれば、幸いです。

評価・お礼

M4431さん

早速の回答ありがとうございます。
収入は手取りです。
子供も経済状況は理解していますので、奨学金で大半が賄える県内公立大学を目指してくれています。
私の収入を増やす方向で何とか頑張りたいと思います。
たいへん参考になりました。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄性のある保険は掛け捨てに

2010/03/19 08:34 詳細リンク
(5.0)

M4431さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

大変なご様子、お察しします。

学資保険ですが、契約者貸付けを受けていて、利息を払っていらっしゃるのであれば、解約して返済することを考えてみましょう。
利息を払いながら、継続するよりも、解約してその返戻金+保険料分を大学費用として貯金した方がいいと思います。

予定利率の高い保険ほど、貸付金利も高く、かんぽであれば、2年目以降、利息が高くなります。
1年で返済できる見込みでなければ、解約、または払い済み保険にすることを考えましょう。
払い済み保険とは、以後の保険料を払わずに、いまある解約返戻金-借入額でのこる分で買えるだけの保険として残しておく方法です。

少なくとも、利息と保険料を今後払わなくて済みます。

さらに満期のある保険があるようですので、掛け捨ての保険か共済などに入って解約または払い済み保険にすると、多少なりともこれから払う保険料が下がるのではないでしょうか?

妻の医療保障ですが、満期のある保険の特約ですと、満期とともに特約もなくなります。
別で確保した方がいいと思います。健康状態に問題がないという前提ですが。

住宅ローンの情報がありませんが、場合によっては借り換えることもありかと思います。

以上は今を何とか乗り切るための方法です。高校より大学の方がお金がかかりますので、妻の収入を上げることも考えたほうがいいでしょう。すぐにはなくても、継続して探し続けるようにしましょう。

評価・お礼

M4431さん

早速の回答ありがとうございます。
学資保険の解約という選択肢は思いつきませんでした。
他の保険も見直したいと思います。
たいへん参考になりました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
子供が産まれますが、ギリギリの家計で心配です shimakoさん  2008-09-12 13:41 回答3件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)