お答えいたします。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

お答えいたします。

2009/11/26 08:25
(
5.0
)

ぽろろんさんは自分に万一があったときに、
毎月幾らの生活費を家族に残してあげたいとお考えでしょうか。
あなたが厚生年金保険の加入者であれば、
あなた自身に万一があったときには、
遺族年金という国営の生活保障システムが機能して、
お子さんが18歳になるまでは、
残された家族の毎月の生活を支えてくれます。
しかして支給される金額は、
あなたが希望する金額を100%満たしてくれる金額ではありませんので、
生命保険で補うべき毎月の生活費の補填額は、

住宅ローン返済額を含むあなたが希望する生活費-(遺族年金保険支給額+住宅ローン返済額)
となります。

仮に毎月希望する生活費の補填金額が40万円で、
遺族年金の金額が約12万円で、
毎月の住宅ローンの金額が13万円だとすると、

40万円-(12万円+13万円)=15万円
となりますから、

あなたの不足した希望保険金額を年換算すると、

毎月15万円×12か月×(22年-子供の年齢・・・仮に4歳として)
=3,240万円

ということで死亡保険金的には一括で3,240万円、
毎月の生活費を補填する形での年金方式では15万円を
18年から20年間準備できる収入保障保険という遺族年金式の生命保険に
加入するとよいでしょう。

そのほか、終身型の医療保険で先進医療特約のついているものに入院日額1万円、
さらに余裕があれば、
終身型のガン保険のセカンドオピニオンサービスがるものに日額1万円ぐらい
加入すれば十分でしょう。

以上、大変ですが頑張ってくださいね。

団信に入っていれば、あなたに万一のときに住宅ローンの残債はなくなりますので、
この分はそれ以降の家族の生活費として、生命保険で準備する必要はありません

評価・お礼

ぽろろん さん

「死亡保険金的には一括で3,240万円、毎月の生活費を補填する形での年金方式では15万円」
ここまで具体的に計算してくれたのは笹島先生だけです。大変参考になりました。ありがとうございます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン団信以外の生命保険は必要ですか

マネー 生命保険・医療保険 2009/11/23 03:23

 住宅ローンを組んだので、三大疾病の団信に入りました。
 家計ぎりぎりのローンを組んだので、団信のほかの生命保険に入る余裕があまりないのですが、やはり生命保険は必要でしょうか。… [続きを読む]

ぽろろんさん (東京都/42歳/男性)

このQ&Aの回答

合理的な保険に加入されてはいかがでしょうか! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/23 08:37
保険について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/23 10:22
家計の状況によって保障額は変わります 照井 博美(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/23 11:23
保障を考える時の3つのポイント 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/23 11:26
住宅ローン団信以外の生命保険 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/23 18:39
生命保険の必要性について 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/11/24 08:22
生保加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/25 17:33

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険について まねまねさん  2009-10-01 13:54 回答5件
医療保険の必要性で悩んでいます 鯛焼きさん  2013-05-02 18:52 回答1件
引受緩和型保険の短期払 エリmlさん  2016-06-22 07:38 回答1件
AIGエジソンのドル建終身保険ってどうですか? matya41さん  2010-10-28 21:30 回答3件