甲状腺ホルモンの異常が最有力・食事のチェックも - 吉野 真人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

甲状腺ホルモンの異常が最有力・食事のチェックも

2009/06/17 23:37

食欲が落ちていないのに急に体重が減少し、疲れやすさと寝汗、微熱、手足や顔のむくみがある場合に、真っ先に調べなければならない項目に、甲状腺ホルモンがあります。

甲状腺ホルモンは代謝や活力に重要な役割りを演じるホルモンで、前頸部に位置する甲状腺から分泌されます。不足すると低体温や無気力、便秘、易感染性などに見舞われますが、逆に過剰となった場合、体重減少や発汗過多、頻脈、手足のふるえなどが現れます。

原因としては甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)や甲状腺炎、甲状腺ホルモンの過剰投与などが挙げられます。バセドウ氏病の場合には、眼球突出や甲状腺腫などの特有の症状が現れます。甲状腺炎では通常、頸部痛や炎症反応が出現します。

この方の場合は頸部痛はないものの微熱があり、甲状腺炎の可能性はありますが、血液検査で炎症反応を調べても異常がなかったとすると、違うかも知れません。甲状腺ホルモンは最初から調べる場合は少ないので、一度確認してみるとよいでしょう。

甲状腺ホルモンの過剰投与というのは、ある種のサプリメントや医薬品に甲状腺末(甲状腺組織の粉末)やヨード成分が含まれていた場合、それが人体で甲状腺ホルモン様の作用を発揮し、体重減少などを招く現象です。そのようなものを摂取していないかどうかが確認ポイントです。

これらのポイントが全く該当しない場合には、甲状腺以上の他の原因を考える必要があります。例えば栄養摂取の偏りという可能性もあります。タンパク質やアミノ酸の極端な摂取制限があると、急速な体重減少や疲れやすさ、むくみなどが出現し得ます。逆に極端な野菜・果物不足の場合には胃腸の吸収障害を引き起こし、タンパク不足から体重減少や疲れやすさにつながります。

それから筋力トレーニングのし過ぎも筋肉の破壊から体重減少や疲れやすさを招きますので、ペース配分がどうなっているかもチェックポイントです。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
( 東京都 / 医師(精神科) )
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

セカンドオピニオンは必要でしょうか?

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/06/15 22:38

43歳の彼についてです。
スポーツジムには通っていないのですが、普段から気をつけていて時間を見つけては腹筋や胸筋を鍛えていて、それなりに美しい身体つきでした。 それがここ半年で急に… [続きを読む]

KIWIさん (東京都/33歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

パーソナリティ障害なのでしょうか? ねこ88ねこさん  2008-06-29 03:43 回答1件
病気と闘えるよう強くなるには intiさん  2008-04-20 23:09 回答1件
心臓神経症 やなからはささん  2012-04-03 19:35 回答1件
動悸と赤い内出血のようなもの uuuuさん  2009-10-13 15:30 回答1件
自分をコントロールする方法は? sakuracasadoさん  2009-08-23 02:36 回答1件