年次有給休暇の比例付与 - 本田 和盛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

年次有給休暇の比例付与

2009/06/09 21:51

凄腕社労士 本田和盛です。

 雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者には、10労働日の有給休暇が与えられます。(労基法39条)

 ただしこの規定がストレートに適用となるのは、週の所定労働時間が30時間以上であるか、週所定労働日数が5日以上の者だけです。

 通常の労働者に比べて所定労働日数が少ない労働者は、所定労働日数に応じて10日ではなく7日(5日、3日、1日)となります。これを年次有給休暇の比例付与といいます。

 週の所定労働日数が4日以下で、かつ、週所定労働時間数が30時間未満であれば、7日です。

 所定労働日数が週によってばらばらであれば、年間所定労働日数が216日以下の者が、比例付与の対象となります。

 たとえば、年間所定労働日数が169〜216日の者であれば、7日です。

これを年休発生の最低単位である半年でみると、半年の所定労働日数が85日〜108日なら7日の年休が発生することになります。109日以上であれば10日です。

 同様に半年の所定労働日数が61日〜84日なら5日、37日〜60日なら3日、24日〜36日なら1日となります。

 なお、年次有給休暇は労働契約を締結している派遣元で発生しますので、全労働日は派遣元の所定労働日数がベースとなります。

 よって、勤務先の派遣会社は違法行為をしていません。




回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
( 千葉県 / 経営コンサルタント )
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

有給休暇の付与日数について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2009/06/09 15:28

某派遣会社に登録し勤務開始から半年が経ち、有給休暇が付与されたのですが付与された日数が7日でした。
私が勤務を開始した経過は、
11/27 打ち合わせ
12/15〜長期勤務開始
元々いつから半年の計算… [続きを読む]

mikaeruさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

育休明けの失業認定について みーやさん  2008-11-06 21:43 回答1件
離職票2 離職区分4Dについて mmfkさん  2011-04-09 18:01 回答1件
育児休暇中に解任のメール hmsさん  2015-09-28 04:09 回答1件
派遣契約終了の離職票記入について 悲しい派遣社員さん  2014-03-17 12:05 回答1件
派遣の途中解除について you_soulさん  2013-01-30 01:18 回答1件