ご質問各項目の考え方のご紹介 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

ご質問各項目の考え方のご紹介

2009/06/01 22:36

hamo 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

年間の収支やローンの状況が記載されていませんので、ご質問夫々への考え方をご紹介します。

住宅ローンは、長期間大きなリスクを抱える投資とお考えください。また、家計への負担も大きいものがあり、今後の返済が滞ることの無いよう、収入に対する返済負担率は20%未満に設定されたかをご確認ください。
また、住宅ローンの返済は、お仕事を退職されるまでに完済できるよう繰上げ返済をご計画ください。
参考のため総務省統計局家計調査H19から、住宅ローン返済世帯の返済率等を掲載いたします。
u6<金利は出来るだけ長期間固定のものをお勧めします。短期優遇変動金利の場合には、優遇期間が終了した際に、思わぬ返済額になることが十分に予想されます。

マンションの賃貸は採算性を考慮されていらっしゃるとは思いますが、近辺の賃貸料(10年以上経過した物件)を参考とし、空室率の設定、敷金は預かり金で経年変化では返金するケースが多いこと、管理を不動産会社に依頼した場合には、礼金は広告宣伝費に充当されること、更新の際にも手数料が必要になることなど、経費を十分に考慮して後に、固定資産税、修繕費なども加えた採算を確認ください。なお、マンションも劣化しますので、減価分は元本の回収になりますので、それも考慮ください(事業として行う賃貸マンションの減価は45年です)。

なお、賃貸でなく売却された場合、手元に現金が残る場合には、新しい住宅ローンの繰上げ返済に回すことも試算されては如何でしょう。

生命保険は、住宅ローンを組む際に団信に加入されたことと推察いたします。これにより、若しもの際にはなくなられた方が負担されている返済額は完済されます。そして、生命保険はシンプルに無配当、無解約返戻金型の定期死亡保険に掛け捨てでのご加入をご検討ください。掛金と保険金のバランスが優位です。

補足

医療保険は本当に必要か、熟慮ください。医療費については高額療養費制度の活用で一定のレベルに収まります。ご自分の貯蓄が有れば必要の無いケースが多いと考えます。
もし、ご加入される場合にはシンプルなものをお勧めします。
高額療養費制度は下記をご一読ください。
http://www.officemyfp.com/kougakuryouyou.htm

貯蓄と住宅ローンの関係は、住宅ローンの返済が有利です。無リスクで利息分が収益と看做せる有利な貯蓄です。
従いまして。家計が保てる金額、例えば生活費×6ヶ月+以降1年間で計画されている大口の支出を生活準備金として残し、繰上げを計画されては如何かと考えます。

住宅ローンの金利と我々のリスクプレミアム
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/17757

下記コラムを宜しければご一読ください。

子供の教育費
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894

老後の生活費と必要な貯蓄額
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/16927

確定拠出年金個人型の良さ
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/26009

賃貸の採算性やこれらを含め一度専門家とのご相談をお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年金・保険・貯蓄の見直しについて

マネー 家計・ライフプラン 2009/06/01 19:49

妻:33歳、夫:38歳、共働きです。
年収は、税込みで2人合計約1500万円です。
9月に1人目の子どもが産まれる予定です。

現在は、妻が独身時代に20年ローンで購入した都内のマンションに住んで… [続きを読む]

hamoさん (東京都/33歳/女性)

このQ&Aの回答

今後について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/01 20:59
お金はトータルで考えて 山口 京子(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/01 23:10
ご参考です。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/01 23:31
生保見直しなどの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/02 10:17
キャッシュフローシミュレーションをお勧めします 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/06/02 08:13

このQ&Aに類似したQ&A

一人暮らし お金の使い方 オージさん  2007-04-29 21:31 回答3件
相続財産の運用 gojigojiさん  2006-11-23 11:15 回答5件
こどもを3人ほしい。どんな家計見直しが必要ですか? ゆずピーさん  2009-10-10 16:24 回答5件
将来のために、今やるべき事は・・・? norimoriさん  2009-08-02 19:05 回答8件
母子家庭の老後資金・生活について ゆうこ★さん  2009-06-09 16:39 回答6件