保険の目的を明確にしましょう。 - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の目的を明確にしましょう。

2007/04/12 10:53
(
5.0
)

こんにちは。
?FPソリューションの辻畑と申します。

まずは、保険の加入目的を明確にしましょう。
お金の運用が目的ならば、すべてやめたほうがいいです。

葬儀費のために保険に加入するのであれば、300万円ぐらいの保障で一生涯保障がある保険がいいです。
たーこさんの場合
現状の簡保の終身保険500万円を300万円に減額して続けれれることをお勧めします。特約に関しては、不必要なものは削りましょう。

医療に関してですが、終身保険に加入と書いてあるのですが、現状終身保険に医療保険特約がついたものに加入しているのですか?それでしたら、医療保険のみ加入したほうがいいです。
また、本当ならば60歳払いより終身払いのほうがいいです。
その理由として、60歳払いは保険料の先払いになるからです。
お金を先払いした場合のリスクは、インフレリスクです。物価が上がった場合に貨幣価値が下がるため給付される5000円の価値が下がるということです。

養老保険については、特約をはずして続けていていいと思います。ただし、他の金融商品の利廻りが養老保険よりよくなった場合は、5年待たずに解約して利廻りのいい商品に移しましょう。

お金の運用に関してですが、日経新聞を毎日読み常に経済情勢を把握できるのであれば、株、投資信託、変額年金保険などでの運用をお勧めします。

そのときに気をつけなくてはいけないのが、上記の商品で元本を保証しているものがあるのですが、そういう商品はやめましょう。その理由は、リスクのある商品で元本を保証しているということは、そのリスクをほかの人が持っていうるということになります。その人はただではリスクをとりませんよね。ということは手数料が高くなり運用としての意味がなくなるということです。

評価・お礼

たーこ さん

自分のお金ですからこれからも無駄なく使えたらと思います。ありがとうございました

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の解約

マネー 保険設計・保険見直し 2007/04/12 01:40

現在、37歳独身女性です。10年前に郵便局の簡易保険に入りました。60歳払い済みの終身保険(500万)と養老保険(300万)です。
終身のほうが基本が8800円、特約が6400円で月掛け15200円。60歳… [続きを読む]

たーこさん (兵庫県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

生命保険の見直しの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/04/12 11:58
保険変更の件 2007/04/12 11:24
生存給付金 2007/04/12 12:22
医療保険に関して 2007/04/12 12:34

このQ&Aに類似したQ&A

保険を増やすべきでしょうか? cafeparadisoさん  2011-09-01 11:27 回答1件
生命保険の見直し tomeさん  2007-10-20 00:56 回答3件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
養老保険 特約 解約 について awaさん  2015-03-05 14:12 回答1件