耳鼻科と循環器科で精査→心理的アプローチの手順で - 吉野 真人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

耳鼻科と循環器科で精査→心理的アプローチの手順で

2009/06/08 09:57

めまいの代表的な原因として有名なものにメニエール病があります。これは突然の回転性のめまいを主徴とし、しばしば嘔気・嘔吐、難聴、耳鳴などを伴うものです。内耳の三半規管のリンパ水腫が本態とされ、30〜40台に多発しますが原因は不明です。

メニエール病と似た疾患には椎骨脳底動脈循環不全症があります。これは脳幹の平衡感覚を司る中枢が一時的に血流不足になるもので、メニエール病に似た回転性めまいが出現しますが、多くは聴力障害などを伴わず自然回復します。

非回転性めまいとしては不整脈や低血圧に伴うめまいがあります。これは心拍に伴う脳への血液の供給が一時的に減少し、フワフワした感じのめまいやフラツキ感を感じるもので、起立時に起こりやすい傾向があります。多くは脈の乱れや血圧の低さなどで判別可能です。

回転性めまいが続く場合には耳鼻咽喉科への受診が勧められます。平衡感覚を司る神経は聴覚刺激を伝える神経と隣り合って走行しているため、聴覚との関連性が強いためです。実際にメニエール病などではめまいに難聴などの聴覚異常をしばしば伴います。

これに対してフワフワした感じのめまいの場合には、循環器科をもつ内科への受診が必要です。不整脈の検出には24時間心電図などの検査が有用で、めまいを感じた時間帯に、どのような不整脈が出現したかを時系列で検出することが可能です。

これらの精査を受けてもなお、めまいの原因がはっきりしない場合には、心理的な原因に付随するめまいや、薬物の影響によるめまいが考えられます。そうだとすると内服薬の変更・減量や、心理的なアプローチなどが必要になってきます。

うつ状態やパニック障害など心理的トラブルに共通する身体的特徴として、低体温、栄養バランスの問題、運動不足、睡眠障害などが注目されており、その方面からのアプローチも可能です。心理的トラブルが解消されれば、めまいも自然と改善すると予想されます。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
( 東京都 / 医師(精神科) )
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

めまいについて。

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/06/01 22:15

昨年の7月末、パニック障害と診断されました。

安定剤のみを3週間程服用したら、かなり落ち着いてきたので、
減薬を始めたら、突然めまいが出ました。
フワフワと上下に揺れるようなものです。
再診時にめま… [続きを読む]

マルカさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

精神疾患の夫。義父母の対応。 toshimamaさん  2009-03-02 18:11 回答1件
産後の不安 ともかともかさん  2014-04-27 06:49 回答1件
今どうすべきか教えて頂きたいです ;;もも;;さん  2013-06-13 13:51 回答1件
体調終わりが見えないので辛いです。 たか0503さん  2013-02-05 11:51 回答1件
長年のパニック障害について らいはさん  2008-06-30 19:51 回答1件