借り換えの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

借り換えの件

2008/09/23 20:07
(
3.0
)

むちゃさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『どのような形で借り換えるのが一番ベストでしょうか?』につきまして、住宅ローンの借り換えをすることでメリットが出るためには、
1.借入残高が1,000万円以上あること。
2.返済期間が10年以上あること。
3.利用しているローン金利と、借り換え後のローンきんりとの差が、1.0%以上あること。
などとなります。

むちゃさんの場合、借り換えを行うことでメリットを出すためには、ローン金利を変動金利や短期固定金利で借り換えることで、金利差を1.0%以上にすることになりますが、短期固定金利や変動金利の場合、金利を見直すことで返済途中から金利が上がり、毎月の返済額が増加していくことも考えられますので、このようなローンを利用することでメリットがある人とは、ほぼ毎年のように繰り上げ返済が可能な人となります。

むちゃさんがほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことが可能ということでしたら、ご検討されてもよろしいと考えます。

例えば、2,780万円をローン金利1.8%・35年返済とした場合、毎月の返済額は89,300円程度となります。

尚、短期固定金利や変動金利に借り換える以外にも、収入を増やすことで住宅ローン負担の軽減を図ることができますので、奥様ともじっくり話し合ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

むちゃ さん

回答ありがとうございました。
そうですね。子供ができるまで妻に働きにでてもらうなども選択肢のひとつですね。一度話し合ってみます。ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ローン借り換え

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/09/22 21:26

給料がカットされることとなり、また残業手当も激減したために毎月のローンが苦しくなってきたので借り換えを検討しています。
(毎月の収支内容は、基本給のみだと給与収入が26万円でローン返済11万円、食費等で6万… [続きを読む]

むちゃさん (大阪府/33歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの返済について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/22 21:35

このQ&Aに類似したQ&A

マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅ローンについて ぺこりっちさん  2013-06-15 21:29 回答2件
家計チェックと住宅購入について マイラーさん  2008-06-30 14:05 回答7件