生命保険の加入方法の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の加入方法の件

2008/09/19 10:14

つちこさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『万が一の事故や入院に備えて保険に加入しようと考えているのですが、どのような種類の保険がいいのでしょうか?』につきまして、つちこさんの場合、お互いに収入がありますのでどちらかに万が一のことがあったとしても、家計をある程度は維持して行くことができると考えますので、『死亡保障』につきましては、今のところ必要性は乏しいと考えます。

将来、お子様が生まれた後から改めてご検討していただいても十分に間に合います。

尚、事故や入院などに備えて加入する保険としては、『医療保険』がよろしいと考えます。

医療保険につきましては、保障期間に応じて一定期間のみ保障する掛け捨てタイプの『定期型』と、加入した後一生涯保障される『終身型』とに分かれますが、おすすめは終身型となります。

医療保険の場合、加入条件が比較的厳しいため、若い健康なうちに加入しておかないと、割高な保険に加入せざるを得なくなってしまったりしますし、年齢が高くなるに従い保険料も割高になってしまいます。

『貯金も普通預金に貯めていってるだけですが、もっと賢いお金の貯め方はありますでしょうか?』につきまして、毎月一定金額を貯めていくのでしたら、給与振込口座から給料日に合わせて天引きされる『自動積立定期預金』などが有効です。

預貯金金利も普通預金よりも高い『定期預金』の金利が適用されますし、何よりも給料から天引きされますので、毎月確実に貯蓄をしていくことができます。

尚、勤務先で『社内預金』や『財形貯蓄制度』がありましたら、そちらを利用しても同様となります。

特に、住宅購入目的ということでしたら、『住宅財形貯蓄制度』が勤務先にありましたら、そちらを利用することをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の加入、家計の見直しについて教えてください。

マネー 保険設計・保険見直し 2008/09/18 21:22

結婚2ヶ月(夫33歳、妻29歳)、共働きの主婦です。現在、医療保険・生命保険などは二人とも加入しておりません。万が一の事故や入院に備えて保険に加入しようと考えているのですがど… [続きを読む]

つちこさん (神奈川県/29歳/女性)

このQ&Aの回答

ライフプランから保険や家計管理を考えてみる 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/18 22:57
保険の加入、家計の見直しについて 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/19 09:41

このQ&Aに類似したQ&A

家計と保険が心配です オレンジペコさん  2010-01-09 16:23 回答3件
家計と保険の診断お願いします モモスケさん  2008-07-10 01:27 回答4件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
共働き、子供一人の保険プラン TommyUKさん  2012-05-13 00:30 回答1件
二人目の学資保険&生命保険見直しについて はるかママさん  2011-11-21 00:04 回答5件