住宅資金の精算課税制度について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

住宅資金の精算課税制度について

2008/08/01 15:11
(
5.0
)

上記のケースですが、基本的には父がその贈与する財産を借り入れたものかどうかは関係ありませんので、要件を満たしていれば相続時精算課税制度を適用することができると思われます。
ただし、贈与税は形式だけではなくその取引の実態でも判断します。その実態が父の借入ではない(例:親戚に借入金を返済しているのが父ではなくりょうやまさんであるなど)と判断できるようなものであれば後に問題になる可能性もありますのでご注意ください。

評価・お礼

りょうやま さん

参考になりました。ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅資金の精算課税制度について

マネー 税金 2008/07/30 16:22

家を新築で建てるのですが、ありがたいことに父から援助してもらえることになるました。精算課税制度を利用しようと思うのですが、援助してもらえる金額は2000万円で、そのうちの1000万円は父が親戚か… [続きを読む]

りょうやまさん (兵庫県/29歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
住宅取得等資金の贈与の非課税枠における住宅面積 もももねこさん  2016-05-15 18:41 回答1件
住宅取得等資金の贈与と別に親の出資分を共有名義 もももねこさん  2016-05-15 11:47 回答1件
相続時申告課税申請したつもりが… yurikoFFさん  2013-06-25 21:09 回答1件
住宅取得等資金の贈与税の非課税について おきどさん  2012-12-06 17:11 回答1件