心配いりません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:刑事事件・犯罪

羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

1 good

心配いりません

2008/07/17 15:26

相手の言う法的処置とは、おそらく退職金支払請求の訴訟を起こすということでしょう。しかし、お話のような着服横領による解雇が事実とすれば、負ける心配はありません。

解雇した際には示談書などの書面を作ってありますか? 作ってあればそれで明白な証拠になりますが、作ってない場合でも、当時の事情を良く知る方の証言でも証明にはなります。

相手に対しそのことをはっきりと回答してやることです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

逆請求

暮らしと法律 刑事事件・犯罪 2008/07/15 22:49

こんにちは。3年ほど前に親戚の経営する商店で、集金した店の売上金を従業員Aが着服(横領)した為その従業員Aを解雇しました。その従業員Aの今後もあるので被害届は出さず、退職金を着服したお金の返済に充てるという条件で示… [続きを読む]

Uさん (大阪府/38歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

業務上横領について nana777さん  2009-03-29 21:52 回答1件
両親の預貯金を弟に持ち逃げされた 930900さん  2013-03-09 11:38 回答1件
2度の窃盗と検察からの手紙 eastgardenさん  2012-04-17 17:18 回答1件
告訴されるかもしれません。 hana-2008さん  2008-06-02 10:02 回答1件
回答よろしくお願いいたします。 祇園藤次さん  2008-03-26 14:47 回答1件