可能です。 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

可能です。

2008/07/01 10:08

antonio Jrさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

相続時精算課税は、贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はありません。

従いまして、ご質問のような贈与も可能となります。


(具体例)
平成20年
住宅取得資金:1,000万円 -1,000万円(住宅取得資金特別控除)=0

平成22年
不動産:500万円 - 2,500万円(通常の特別控除額)=0

平成23年以降に繰り越される特別控除額2,000万円



もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税制度

マネー 税金 2008/06/30 22:25

相続時精算課税制度の住宅資金特別控除の特例が、平成21年12月31日まで延長されました。
そこで、平成21年中に家を建てたいと思いますが、下記のような場合においての利用は可能でしょうか。

        … [続きを読む]

antonioJrさん (千葉県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

相続時精算課税制度 中村 亨(公認会計士) 2008/07/01 10:13
相続時精算課税制度 2008/07/01 23:34

このQ&Aに類似したQ&A

住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
住宅取得等資金の贈与税の非課税について おきどさん  2012-12-06 17:11 回答1件
住宅ローン控除の申請ができない erudaniさん  2009-02-05 11:10 回答1件
住宅購入時に義父から資金援助を受ける jinpiroさん  2006-12-04 13:43 回答1件