相続時精算課税制度 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

相続時精算課税制度

2008/07/01 10:13

住宅取得等資金の贈与があった場合の相続時精算課税の特例は、特別控除1000万円が受けられるのと同時に相続時精算課税制度を選択していることを意味します。
すなわち、父親からの住宅取得等資金の贈与について相続時精算課税を選択し、特別控除を受けたのであれば、その年分以後の父親からの贈与についてはすべて相続時精算課税による贈与となります。
よって、その土地についても父親が65歳になるまで待つことなく、住宅取得等資金の贈与を受けた年以降に贈与により取得すれば相続時精算課税が適用されます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税制度

マネー 税金 2008/06/30 22:25

相続時精算課税制度の住宅資金特別控除の特例が、平成21年12月31日まで延長されました。
そこで、平成21年中に家を建てたいと思いますが、下記のような場合においての利用は可能でしょうか。

        … [続きを読む]

antonioJrさん (千葉県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

可能です。 大黒たかのり(税理士) 2008/07/01 10:08
相続時精算課税制度 2008/07/01 23:34

このQ&Aに類似したQ&A

住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
住宅取得等資金の贈与税の非課税について おきどさん  2012-12-06 17:11 回答1件
住宅ローン控除の申請ができない erudaniさん  2009-02-05 11:10 回答1件
住宅購入時に義父から資金援助を受ける jinpiroさん  2006-12-04 13:43 回答1件