ご心配なこと、ご察しします。 - 堰口 新一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
堰口 新一 専門家

堰口 新一
経営コンサルタント

- good

ご心配なこと、ご察しします。

2008/06/30 13:32

ご質問ありがとうございます。

Regress一級建築士事務所の堰口です。

お隣のお家が解体され、解体後に、測量の立ち合いを依頼されたとのこと。
おそらく、敷地境界の立会のことかと思います。

境界を明示する、境界杭がきちんとあるか?
敷地の境界線上のブロックやフェンスなどの工作物があって、
その所有権はどちらにあるのかなどを確認するのだと思います。

一般的に、測量の立ち合いをする場合、
測量の図面をあらかじめ作成し、
その図面どおりで間違いがないか?
を図面と現地を確認し、問題がなければ、
捺印(はんこを押す)をします。

こうすることで、境界を明確にし、
後々のトラブルを防止します。

ご質問の回答ですが、第3者に立ち会いを依頼する場合、
一般的にはその費用は自己負担です。
後々のことを考えると、お願いするのもいいかもしれません。

単なる境界の立会だけでなく、
解体工事や、そのあとの建物の新築工事でも
さまざまなトラブルは発生します。

心配なのは、
解体工事や新築工事ではっせるさんのご自宅に
被害が及ぶことです。

解体や新築工事などの振動で、
極端な話ですが、家にヒビが入ったり、
家が傾くなんてこともありえます。

そのために、事前に家屋調査というものを
実施することもあります。
これは、家の傾きやヒビなどを事前に調査し、
工事完成後にその違いを比較し、
工事後にヒビが入ったものを修理するためです。

いただいたご質問の内容だけで判断しましたが、
実際に現地を見てみないとわからない部分もあります。
現地を見ると意外といろいろ出てきます。
(経験上、必ず何かでできます。)

ご心配な場合は、第3者の調査機関へのご相談をお勧めします。
弊社でも、ご相談いただくことは可能です。

それでは、失礼いたします。

回答専門家

堰口 新一
堰口 新一
( 東京都 / 経営コンサルタント )
代表
03-6317-3385
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

建築業界での豊富な実務経験で、事業の立ち上げや改善を支援

実務経験の無いコンサル会社が提供する机上論でななく、クライアントごとにカスタマイズされた本当に効果のある支援を行います。不動産会社・建設会社・工務店への支援事業を通して、最終的には建物を購入するエンドに満足してもらうことが最大の目的です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地家屋調査の立ち会いにつきまして。

住宅・不動産 住宅検査・測量 2008/06/30 12:01

隣接の家屋が取り壊される事になり、土地家屋調査士の方が訪問され「平地になってから測量を立ち会ってほしい」と云われました。我が家は一戸建てで土地共に自己保有なのですが、後々になって土… [続きを読む]

はっせるさん (東京都/44歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

親から土地贈与を受け、新築する 柳瀬川さん  2010-09-20 01:02 回答2件
土地家屋調査士に支払う報酬について 大祐さん  2010-02-21 16:47 回答1件
道路と家の敷地の境界線 シリウスの瞳さん  2011-11-21 20:30 回答3件
土地の境界杭のずれについて キャンプさんさん  2008-08-13 17:44 回答1件
地盤について くみこさん  2008-04-17 23:42 回答1件