老後資金と保険の考え方 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

老後資金と保険の考え方

2008/03/15 23:24

momomi 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

現在の家計や貯蓄額などが未記載ですが、一般的な数値をお伝えします。

総務省平成18年の家計調査によれば、平均的な高齢無職世帯の消費支出は約25万円/月で、年金等の収入可処分所得193,771円との差は54,090円の不足になっています。年間約65万円が不足しています。単身世帯ではこの差は約33万円になります。これをご主人の65歳時の平均余命17年とmomoni様ご主人死亡後の余命25年間を掛け合わせますと、
65万円×17年+33万円×25年=1,930万円になります、
インフレ率当を勘案しない数値では2000万円が一つの目処になります。
これに500万円〜1,000万円を積み上げれば余裕ある生活準備資金になると考えます。
そのほかにも試算値は色々あり、宜しければ私のコラムをご一読ください。

老後の生活費と必要な貯蓄額
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/16927

また同じく平成18年の家計調査によれば高齢者世帯65歳の貯蓄額は約2,400万円です。

これらが老後に向けた基本となる数値です。

老後のための住宅は将来の住み替えなどを勘案しますとお勧めしません。また、もし住宅ローンを組まれる場合はよりお勧めできません。
こちらもコラムをお読みください
賃貸の良さと住宅ローン
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/17058

生命保険は、残された方の生活が、遺族年金+死亡退職金+貯蓄+残された方がお仕事に就かれた収入で不足する場合にのみ、当該金額の保障を得るものです。お子様が居ない場合には不要と考えます。
医療保険も貯蓄が有れば足ります。こちらは私のHPに高額療養費制度のページがあります。参照ください。
http://www.officemyfp.com/kougakuryouyou.htm

共済組合から通知がきます。それからでも宜しいのではと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年の差夫婦の老後のお金や生活

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/15 17:39

今年で夫57才、妻37才専業主婦、子供なし。家賃貸。現在、共済年金加入で65才退職の予定。

夫退職後、妻60才までの年金支払いを含め、どのくらいのお金が必要なのでしょうか?

貯蓄、生命保険の見… [続きを読む]

momomiさん (神奈川県/36歳/女性)

このQ&Aの回答

将来のマネープランの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/16 10:47
セカンドライフプランニングを! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/16 09:11
今後8年間のライフプラン表を作成して! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2008/03/28 04:51

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願い致します めーたろうさん  2013-07-21 08:21 回答1件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
将来のために、今やるべき事は・・・? norimoriさん  2009-08-02 19:05 回答8件
出産後の家計診断(妻収入ゼロ期の乗り越え方) みんみんんさん  2009-06-15 19:40 回答4件