H19年の年末調整について - 佐藤 昭一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

H19年の年末調整について

2007/11/24 13:09

Dすけ様

税理士の佐藤です。ご質問の件につきまして回答いたします。

1.減るケースとは?
税源移譲により、以前は所得税から住宅ローン控除の適用を受けられていた方が、所得税額の減少により、住宅ローン控除の控除額全部について、適用を受けられないケースが出てきました。そういった場合には、住民税の申告をすることによって、住民税からも住宅ローン控除ができるような措置ができました。

2.住民税からの住宅ローン控除について
住民税は平成20年6月から支払が始まるため、住民税での住宅ローン控除については、仰るとおり若干控除のタイミングがずれてきます。

3.年末調整について
年末調整は今まで通り住宅ローン控除や地震保険料控除も含めて受けてください。年末調整後に受取る源泉徴収票の摘要欄に「住宅借入金等特別控除可能額」の記載がある場合には、住民税の申告が必要となるケースになります。「住宅借入金等特別控除可能額」は、所得税・住民税合わせた今年の住宅ローン控除の控除額が記載されています。住民税の軽減金額ではないので注意して下さい。

そして、控除可能額の記載があった場合には、住民税の申告が必要となってくるわけですが状況により提出方法がことなります。

(1)他の理由で所得税の確定申告をする必要がある場合
所得税の確定申告と合わせて「市町村民税及び道府県民税住宅借入金等特別控除申告書」を管轄の税務署に提出して下さい。税務署から市区町村に送られます。

(2)所得税の確定申告をする必要がない場合
市区町村に平成20年3月17日までに上記の「市町村民税及び道府県民税住宅借入金等特別控除申告書」を提出することになります。

手続きや書類に関してはお住まいの市区町村にお尋ねすれば、親切に教えてもらえると思います。

ご不明な点がございましたら、またお問い合わせ下さい。

回答専門家

佐藤 昭一
佐藤 昭一
( 東京都 / 税理士 )
NICECHOICE 佐藤税理士事務所
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

平成19年の年末調整について

マネー 税金 2007/11/24 00:15

平成14年に家を新築し5回目の年末調整になったのですが今年は税源譲渡により住宅ローンの控除が減るケースがあると2007/11/16のコラム「住民税からも住宅ローン控除ができる」で読ませてもらいました。
… [続きを読む]

Dすけさん (三重県/31歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

独身・両親と同居、転勤後の住宅ローン控除について ねーむれすみやさん  2015-12-29 11:43 回答1件
確定申告について choco14さん  2008-11-21 11:27 回答3件
本人が暮らしていない住宅についてのローン控除について へいちゃんさん  2012-12-06 15:34 回答1件
子供の扶養について教えてください。 花子と太郎さん  2011-08-03 22:35 回答1件
年末調整とローン控除 トンさん  2009-11-16 18:37 回答1件