将来不足額を簡易計算すると理解しやすいですよ - 三島木 英雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

- good

将来不足額を簡易計算すると理解しやすいですよ

2015/06/03 17:42

ウメマァさま

将来の年金は確かに不透明ですよね。そんな中、不足しそうな老後資金を
準備する為に「個人年金」などは良く活用されます。

お友達のお話は参考になると思いますが、「自分はどの程度用意すればいいか?」を
考えながらですと、お友達よりも更に有効に老後資金準備が出来ると思いますよ。

ご主人様の年金は仮にですが65歳から年160万、
奥様の年金は仮に65歳から年80万としましょう。
※参考数値です。

お二人で240万ですが、健康保険や税金など考慮して200万
200万÷12ヶ月=月約16万程度

国からの夫婦で月16万では足りないという備えで
・個人年金を使う
・貯金をする
・積立投資をする

などの選択が出てきます。
※将来的に65歳からの受給は68歳などに引きあがる可能性もあります。


どの方法が優れているかは、人それぞれですので一概には言えませんが
不足しそうな部分を考えて、将来の準備をしていくと計画的に備えることができますよ。
例えば、月25万の生活費は必要だ!と考えれば

■不足想定額:25万-16万=9万不足(月額)
90歳まで必要として、9万×12ヶ月×25年=2,700万準備したいなど

目安があると良いですよ。


つい先日個人情報の件でイメージは良くないですが
ねんきんネットで将来年金を試算できます。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/n_net/

まずはベースとなる国の年金想定から、不足部分を積み立てるなどで備えて行きたいですね。

まだ予定ですが、来年から「確定拠出年金」という制度がパートの方でも加入できるように
なる予定です。生命保険会社などの個人年金よりも使い方によっては良い制度ですので、個人的にはお勧めです。

30歳から60歳まで毎月1万円で、360万積立られ運用成果により
増やすことが可能です。

このような形で不足分の準備は現在の住宅ローンの返済も考えながら
有利な方を先行して行かれると更に安心です。

少しでもウメマァ様のご参考になりましたら幸いです。

老後
年金
個人年金
確定拠出年金
住宅ローン

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人年金の基礎知識

マネー 年金・社会保険 2015/06/01 22:28

先日、友達と会いました!
今年30歳、ほとんどの友達が家庭を持ち、いろいろ道に進み始めてました。
そこで、私たちの老後は、年金がもらえないかもしれないから、個人年金かけてるよ!って子がほとんどでした。
… [続きを読む]

ウメマァさん (広島県/29歳/女性)

このQ&Aの回答

「税制適格特約付個人年金」がお勧めです 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2015/06/02 08:57

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金、国民年金基金、確定拠出年金について さくやこのはさん  2016-09-09 11:35 回答1件
一時所得と扶養 千春さん  2015-03-06 22:35 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
同居する息子の扶養には入れますでしょうか amuamuさん  2016-02-20 19:28 回答1件
個人年金保険を薦められています ryu4690さん  2015-09-10 20:26 回答2件