住宅ローンとうつ病について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

10 good

住宅ローンとうつ病について

2015/01/14 09:28
(
5.0
)

happysmilieさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『フラット35の審査は難しいでしょうか?』
につきまして、

happysmilieさんの場合、
求職中の期間も収入が750万円もありますし、
例えば、収入金額750万円で、
借入金額2,000万円、ローン金利2.0%の35年返済とした場合、

年収750万円に占める住宅ローンの負担割合は10.6%ほどで済みますので、
収入の面からは住宅ローンの審査は特に問題はないと考えます。

尚、フラット35を利用する場合には、
団体信用生命保険に加入しなければいけないといえものではなく、
happysmilieさんの場合には、
別途、生命保険に加入していますので、
万が一の時には保険金を充てることをお考えでしたら、
この点も大丈夫だと考えます。

そして、happysmilieさんも書いていますが、
1,2ヶ月以内に職場に復帰されるということですから、
まず、無事に職場復帰したうえで、
住宅ローンの申し込みをされてはいかがでしょうか?

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

団体信用生命保険
相談
ファイナンシャルプランナー
生命保険
フラット35

評価・お礼

happysmilie さん

2015/01/14 10:57

早速のご回答ありがとうございます。
おっしゃる通りで、復帰後に申し込みをするのが一番だと思っております。
しかし、今の時点、休職中での審査の場合は、どのような見方をされますでしょうか。
よろしくお願いします。

渡辺 行雄

2015/01/14 11:07

happysmilieさんへ

お返事いただきありがとうございました。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

求職中のローン申し込みは、難しいかも知れません。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンとうつ病について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/01/13 23:10

現在うつ病にて休職7カ月めとなります。
回復しており、1,2カ月以内に復職の予定です。
住宅購入を検討しております。
住宅、諸費用で約4250万。自己資金2450万。
銀行ローンは団信に加入… [続きを読む]

happysmilieさん (東京都/38歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

非常勤職員の住宅ローン ocean1forestさん  2015-03-06 10:15 回答1件
銀行に住宅ローンの金利交渉をしたのですが ライブさん  2016-08-18 08:50 回答1件
住宅ローンについて ozuozuさん  2016-08-04 15:28 回答2件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
フラット35Sにおける担保提供者の借入残高と信用情報について てるてるぼうずさん  2016-03-05 00:48 回答1件