答えは「お客様の動き」に - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社スクロール360 ECコンサルタント
静岡県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

答えは「お客様の動き」に

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
売上を伸ばすために 広告・販促編


バナー広告の効果を上げるための続きをお話します。

ここでは、イメージしやすいように便宜上「バナー広告」を対象としていますが、
決してそれだけではなく、テレビCMであったり、雑誌で掲載されたことをきっかけに
ネットに入ってきた動線では、ほぼ同じことが言えますので、
「バナー広告」をそれらの媒体に置き換えて応用できると思われます。

前回までのおさらいをしますと―
  ①バナー広告をクリックした人が
  ②ランディングページに来て
  ③そのまま買うのではなく検索エンジンで調べる
  ④そこで情報を探す
  ⑤その中にはクチコミを探す動きもある
  ⑥どんな会社なのかオンラインショップもチェックする
  ⑦そして納得したら買う

といった動線をお話してきました。

この動線を考慮したケースとそうではないケースにおいて、
どれくらいの差が出ると思われますか?

過去の例から見てみると、
2倍から3倍程度の差ができます。
もちろん、上記の③~⑦を考慮したケースが
2倍から3倍、注文に至るコンバージョンが高いという結果になります。

これは、1回のバナー広告当たりですから、
2回、3回実施すれば、さらに差が広がります。
また、最初にも触れましたように、
バナー広告だけではなく、テレビCM、雑誌掲載においても
効果があります。

もうお気づきだと思いますが、このような発想の原点となっているのは、
「お客様の動き」です。
広告を見た人は、どのように動くか、ということ。

「な~んだ、そんなの少し考えればわかることだ」と思いましたか?
そうなんです、少し考えればわかることなのです。

少し話が広がってしまいますが、
この「お客様の動き」をお客様の気持ちになって考えてみると、
答えがみつかることが、今まで幾つかありました。
ここ数回に渡ってお話してきたバナー広告とリスティング広告の関係も
そのひとつだと思っています。

みなさんもどうするべきか困った時には、
そんな視点で考えてみると答えが見つかるかもしれませんよ。



株式会社スクロール360
袴田 剛史 takeshi-hakamata@scroll.co.jp



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / Webプロデューサー)
株式会社スクロール360 ECコンサルタント

実体験をもとにご支援いたします!

「来年度は売上を3倍にせよ!」そんな無謀とも思える指令を受け、途方に暮れた日々も味わいました。それを実現できた喜びも知っています。そんな経験をもとに、皆様のお手伝いをさせていただきます。

カテゴリ 「売上を伸ばすために」のコラム

Facebookの失敗現象(2014/02/26 15:02)

コミュニティの原点(2014/02/25 15:02)

リスティング広告を考える(2013/02/18 09:02)

このコラムに類似したコラム

リスティング広告を考える(3) 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/06/07 16:27)

リスティング広告を考える(2) 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/05/30 11:39)

リスティング広告を考える 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/02/18 09:51)

リスティング広告を考える(イントロ) 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/02/12 09:33)

探し物は何ですか? 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2012/10/01 16:23)