リスティング広告を考える(イントロ) - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

袴田 剛史
株式会社スクロール360 ECコンサルタント
静岡県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

遠藤 啓慈
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスティング広告を考える(イントロ)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
売上を伸ばすために 広告・販促編


みなさんは、リスティング広告を行なっていますか?

低予算からでも実施できますし、PPC課金であるため、
実施したことがある、あるいは実施している企業も多い
のではないでしょうか。

そのせいもあるのかもしれませんが、
このリスティング広告の実績を分析していないという企業が
意外に多いというのが、体験的な印象です。

「失礼な!分析はしているぞ」
という声が多くあるのかもしれませんね。

  ・先月の広告費は-
  ・コンバージョンは-
  ・注文件数は-
というように、リスティング広告全体として結果の良し悪しを
把握することが分析でしょうか。
ならば、ワード単位に検証することが分析なのか。
どのように考えていますか?

この分析の観点についても、これまでも触れてきていますように、
「お客様の行動に答えがある」のではないかと考えています。

リスティング広告の原点に立ち戻ると、
そもそもは、検索エンジンを使うというところに
この広告が表示されるきっかけがあります。

みなさんも一個人として、そして、みなさまのお客様は、
どのような動機で検索エンジンを利用するのでしょうか。
そのスタートになるきっかけと、ゴールである商品の購入を
結びつけるのは、どのようなマインドなのでしょうか。

そのようなことを考えると、リスティング広告の分析のあり方、
そして活用方法が見えてくるのではないかと思っています。

このことについて、もう少し具体的にご案内いたします。


株式会社スクロール360
袴田 剛史 takeshi-hakamata@scroll.co.jp

このコラムに類似したコラム

リスティング広告を考える(3) 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/06/07 16:27)

リスティング広告を考える(2) 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/05/30 11:39)

リスティング広告を考える 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2013/02/18 09:51)

探し物は何ですか? 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2012/10/01 16:23)

答えは「お客様の動き」に 袴田 剛史 - Webプロデューサー(2012/10/04 11:47)