英語の指導者になるために、必要なお金 - 英語通訳者・講師育成 - 専門家プロファイル

石田 さおり
アクティブ英会話講師紹介センター 代表取締役
神奈川県
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語の指導者になるために、必要なお金

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英語通訳者・講師育成
子供英語先生のサポート

毎日暑いですね。夏が大好きな私もさすがにクーラーのスイッチを切れないです。


さて、今日は「お金」と起業に関することを少しだけ。


いつかは英語教室をOPENさせたい、巷の○○英会話スクールのホームティーチャーに興味がある、という方は多いかと思います。


でも、そのなかに


「だから、今から資金を少し貯めていかなくっちゃ」


という人は少数だと思います。



英語教室も、ホームティーチャーであっても、敷居は低いかもしれませんが「運営者」「事業者」になる、ということでは、カフェをOPENすることやコンビニのフランチャイズオーナーになる、ということと変わりはないはずです。


ですから、開校に向け、ある程度のお金を事前に使うことについて、ぜひ、覚悟と準備をしてほしいと思っています。


極端に言えば、たとえば、英語力のブラッシュアップのため・小学校英語の資格所得のためにウン十万円のお金を出して自分に投資をするお金があったら、代わりに「広告費」「設備準備費」などのためにプールをしておいた方がいいかもしれません。



たとえば、教室OPENと共に最近欠かせないのは、教室ホームページの開設。


実は私自身も「もうかってもいないのにお金をかけられない・・・・」と、最初は試行錯誤で、市販の本についている


「私でもできた!ホームページ作成」(本当のタイトルは忘れました)


などのひな型を参考にしながら、自分でサイト作成をしていました。


出来は・・・・当然ですが、それなり、です。


もちろん、教室とその指導内容がしっかりしていれば、拙いホームページでも十分だ、という意見もあると思いますし、実際に、個人教室ではサイトの見栄えはそれほど売り上げとは比例しないかもしれません。


ですが、今思えば、あの作成に苦労した時間はお金を出してプロの方にお願いし、その分の労力は指導の部分に力を注げば良かったな・・・・と思っています。



以前に読んだ、女性税理士さんが書いた起業にまつわる本のなかで、


「数百円の手数料をけちって複数の銀行を回る手間をかける代わりに、一か所の銀行で高い手数料を払って処理をして、浮いた時間で手数料分を稼ぐことを考えましょう」


という記載がありました。当時は「そんな無駄な!大した労力じゃないよ!」と思っていました。



堅実な私たち(?)女性は、どうしても「儲ける前の出費」に慎重になりすぎて

「この分を稼いでから高い手数料を払おう」

と、儲け→出費の順番でどうしても考えます。

(それが家計を預かる上では、正常な姿ですよね。)

それに、無駄にお金が遣われてしまうことも大嫌い。お金を払ったら見返りが保証されていないとイヤ!



でも、英語教室という事業を始める前には「そういうこともあるかも」と思わなければならないのです!!

だからこそ、教室開校の前には、


「教室が黒字転換するまでには一定の赤字期間が生じること」


を覚悟して、そのための出費を怖がらず、準備をしておくことをお勧めします。


-------------------------

★通信講座・通学講座、どちらも充実の内容です

 「子供英語教室開設セミナー


★8/24(金)に子供英語&英会話指導者向けのクラスルーム・イングリッシュ講座を開催します。

 予定が合わない方や遠方の方には通信講座もありますよ!


  → クラスルーム・イングリッシュ講座 (スクーリング・渋谷)

  → クラスルームイングリッシュ講座 (通信)

このコラムに類似したコラム

☆クライアント様カルテのご紹介☆ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/04/15 13:44)

英語発音 ザ ジングルズ 【Q&Aシリーズ 6】 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/04/13 16:33)

児童英語講師養成講座について ① 石田 さおり - 英語講師(2013/04/21 18:24)

児童英語講師養成講座について ② 石田 さおり - 英語講師(2013/04/20 18:50)

児童英語講師養成講座について ③ 石田 さおり - 英語講師(2013/04/19 18:38)