裁判所に納める費用(予納金等) - コラム - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

裁判所に納める費用(予納金等)

- good

こんにちは 弁護士の東郷弘純です。
今日は
裁判所に納める費用(予納金等)

について説明したいと思います。


再生手続開始の申立をするときは、申立人は、再生手続の費用として裁判所の定める金額を予納しなければなりません。予納金の金額は,裁判所が様々な事情を考慮して決定しますが,東京地方裁判所では以下のような目安が示されています。あくまで目安ですので,個別の事情によって変更されます。

申立手数料(貼付印紙額) 10,000円

予納郵券切手 3,880円

法人の場合

予納金基準額(申立時6割,開始決定後2か月以内に4割の分納可を認める)

負債総額           予納金

5000万円未満       200万円

5000万円~1億円未満   300万円

1億円~5億円未満      400万円

5億円~10億円未満     500万円

10億円~50億円未満    600万円

50億円~100億円未満   700万円

100億円~250億円未満  900万円

250億円~500億円未満 1000万円

500億円~1000億円未満 1200万円

1000億円以上       1300万円


このコラムに類似したコラム

個人再生委員って何ですか? 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/01 10:16)

◎委任契約(いにんけいやく) 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/22 16:55)

再生計画案の提出 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:22)

再生計画案決議,再生計画認可,認可決定確定 東郷 弘純 - 弁護士(2012/06/06 17:23)