持続化給付金 - 融資・資金調達 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
岸井 幸生
(公認会計士・税理士)
大間 武
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2021年07月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

持続化給付金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 融資・資金調達
新型コロナウィルス関連 売上が50%以上減少

5月1日から「持続化給付金」のオンライン申請がスタートしました。

 

1.対象者

・2019年以前から売上がある

・前年同月比で、売上が50%以上減少

 

 

2.申請期間

令和2年5月1日~令和3年1月15日

 

 

3.給付額

1)2020年1月以降、前年同月比 ▲50%減少した月(=「対象月」)の売上高

2)前年の売上高 - 「対象月」の売上 x 12ヶ月

ただし、上限は次の通りです。

・法人:200万円まで

・個人事業者:100万円まで

 

 

4.添付書類

1)確定申告書

2)対象月の売上台帳等

3)通帳の写し

4)本人確認書類(個人事業者の場合)

 

 

5.その他

・2019年中に創業した場合

・月当たりの売上の変動が大きい場合

・法人成りした場合

など、特例がありますのでご留意ください。

 

なお、申請期間が来年の1月までですので、夏や秋に売上が半減したときに申請することも可能のようです。

ビジネスの種類や規模にもよりますが、単月で売上が50%減少することは、通常でもそれなりに起きますので、今、条件に合致しなくとも、検討してみてください。

 


お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから

当事務所は、日本政策金融公庫をはじめとした多数の金融機関での融資申請のサポート実績がございます。
最適な融資制度のご紹介や準備のサポート、そもそもの資金繰りについて是非一度ご相談ください。

初回のご相談は無料で承っております。

※日本政策金融公庫の相談窓口とは異なります


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「業態転換支援事業」(テイクアウト・宅配・移動販売用の助成金) 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2020/06/07 16:21)

新型コロナウィルス対応 緊急融資 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2020/06/07 16:15)

起業計画書の書き方について、3つの良くある問い合せ事例(開業・創業コンサル) 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/06/29 12:52)