お付き合いに至れない、そんな悩みからの脱出法 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お付き合いに至れない、そんな悩みからの脱出法

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
最近、こういったご相談が目立つように感じます。
ちょっとご覧になってみてください。

<ご相談>--------------------------------

こんにちは、ランと申します。
私の悩みは、デートしてもお付き合いできないことです。

これまでたくさん出会いはありました。しかし、この4~5年間の恋愛を振り返るといつも同じになっているのです。連絡先を交換してデートはするのですが、そこから彼女になれないのです。

映画を見に行ったり、食事をしたりドライブしたり。これを3ヶ月~1年程繰り返すのですが、はっきりと告白をされたことがなく、手をつなぐことはあったかもしれませんが、それ以上のことは一切ありません。相手が変わっても、いつもこのパターンで終わってしまうので、私に何か問題があるのだと思います。どうしたら良いのでしょうか?
-------------------------------------

はい、これは何が問題なのか、わかりますか?
さあ、考えてみて下さいね。











はい、では参りましょう!

◆ 「お付き合いしよう」とする、ということ ◆

ランさんのお話、一番の問題点はこちらです。

> 映画を見に行ったり、食事をしたりドライブしたり。
> これを3ヶ月~1年程繰り返すのですが、はっきりと告白をされたことがなく、

3ヶ月あったら、結婚する人だっているのです。例えば、先日PREMIUMでご紹介したマイケルくんも、出会ってから2週間で結婚を見据えた正式交際に移行しています。その違いは何なのか?

●PREMIUM No.742【特大号】男性3人目!初お見合いで正式交際へ
http://dr-martin.jp/blog-entry-1121.html

それは、「お付き合いしようとしていないこと」です。

「え? どういうこと?」と思われたかもしれません。これは、「自分でお付き合いを進めようとしていない」ということです。「はっきりと告白をされたことがなく」という言葉にも見えているのですが、ランさんは告白されるのを待っていますよね。何度かデートしたら、そのうち男性が告白してくれる、そして付き合うことができる……そう思っているのだと思います。

しかし、それは違うのです。

20代の恋愛なら、それでお付き合いできることが多いです。しかし、男性が恋愛を卒業する30代以降の恋愛は「ただデートするだけ」ではその先に至れないのです。ランさんも、それはもう5年に及ぶ自分自身の体験でわかっておられることでしょう。

先日、リアル恋愛教室の生徒さん……
そうですね、お名前はグリーンさんにしましょう!
彼女からこんなメールが届きました。

「今、エクシオで知り合った年上の男性に交際を申し込まれているのですが、展開が早すぎてついていけないです...」

これ、一見するとランさんとは逆の悩みに見えますが、本質は同じなのです。お話を聞いたのが5/24で、その時点までの状況はこの通りです。

5/11 出会いパーティで知り合い、カップリング。
5/14 お食事デート&「お付き合いして欲しい」と言われる。
5/19 自分から誘ってお食事デート
5/21 お食事デート&再度「お付き合いして欲しい」と言われる。
5/24 <今、ここ>
5/28 次回デートの予定

次回会うのは28日で、知り合ってから17日後。4回目のデートです。これって、ごくごく一般的な成功例の進み方であり全然早くないのです。

男女交際のスタートは知り合ってから、或いは、初めて二人で食事等に行ってから2週間以内に決まることが多く、1ヶ月以内に85%の人が交際が決まっています。逆に言えば、1ヶ月を超えると実る可能性は15%程度しかない、ということです。(ご相談者のデータを集計した結果です)

「28日に返答をする予定なんですが……
彼は結婚願望があって、1年以内に結婚したいって言ってるんです」

「はい」 ←僕だよ

「1年以内に結婚なんて、それって誰でもいいのかって思うし……」

「おえええ、めんどくさーっ!!!_| ̄|○」

じゃあ、グリーンさんは、今頭の中に「次にお付き合いする男性はこの人!」と具体的に顔カタチが描けているのでしょうか。そんなことができたら超能力者です!僕達みんな、次にお付き合いする人は「誰でもいい」のです。自分が異性として見れる人、だったらネ。 ←条件はこれだけだよ。

……っていうか、グリーンさんは38歳。
「1年以内に結婚したい」なんて言ってくれる彼とカップリングになったなら、普通は大喜びしないといけないと思うんですがねぇ(苦笑) 何しに、お見合いパーティに行ったんだよぉぉぉぉ~☆ ←ごもっとも♪

◆ 今、決めよう ◆

ランさんやグリーンさんは、何が問題なのか。それは、「この人とお付き合いしよう」と自分で決めようとしないことです。「この人にいくか、いかないか」の決断を、「今、しようとしていないこと」が問題なのです。

これには月日は必要ありません。先程のデータにもありましたように、通常2週間~1ヶ月あれば良いのです。回数で言えば、2、3回~4、5回程度、二人で会えば十分でしょう。こういったお話をすると、

・だって、性格もよくわからないし
・経済力とか、家庭のこともわからないし
・これまでの恋愛のことも気になるし

などなど、色々「確認したいこと」を言う人がいます。ここで僕が思うのは、「じゃあ、確認したいことが全部スッキリしたら、その人のこと好きになれるの?」ということなのです。

これ……ムリですよね。そういう問題ではありません。
好きか嫌いか。これは「感覚、感情」の話です。

目の前の異性を見て「うわー、ステキ!」「この人ならいいかも」「この人と○○したい!」と思うか、思わないかというのは、お花がいっぱい咲いているのを見て、「うわー!キレイ!」と思うのと同じです。「その花が欲しい!」と思うのと同じ感覚で「その人が欲しい!」となるのが、恋なのです。

そして、「そこまで思えないけど、悩むとき」はこう考えたら良いのです。
「その人とのご縁を失ったら、もったいないと思う?」

思うなら全力で、きちんとお付き合いするつもりで臨みましょう。思わないなら、きちんとお別れして次に進みましょう。これが冒頭でお話した「お付き合いしようとする」ということであり、「今、決断する」ということ、なのですよ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
マーチン先生の恋愛教室、生徒募集中

無料 相談掲示板 悩みの足跡
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。