七十二候 「霞はじめてたなびく」2/23〜2/27 - 婚活全般 - 専門家プロファイル

社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師
東京都
マナー講師
080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

七十二候 「霞はじめてたなびく」2/23〜2/27

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
講習

雨水 次候「霞はじめてたなびく」


か~すみかく~も~か

「霞」?「霧」?「雲」?



「霞」は春の季語です

「霧」は秋の季語なんですよ


以前調べたことがあり興味深いことを発見したのを覚えています

気象用語では

肉眼で1km未満の霧を「霞(かすみ)」

1km以上見えない霧を「靄(もや)」と言うようです

「かすみ」より遠くまで霞むのが「もや」ということかしら


では 「霧」は

辞書で調べると

「地表や海面布巾で待機中の水蒸気が凝結し、無数の微小な水滴となって浮遊する現象」

つまり「もや」も「かすみ」も「きり」の仲間なのです

もやは霧の説明にプラスして「遠方が霞んで見える」現象だそうです




平安の前までは四季を通じて「霧」と言ったそうですが

平安からは「霞」を春特有の呼び名にしたそうです


確かに

「村雨の露もまだ干ぬ槙の葉に 霧立ち上る秋の夕暮れ」

「高砂の尾上の櫻咲きにけり 戸山のかすみたたずもあらなむ」

百人一首にもありますね



英語ではどうなんだろう・・・・

haze より濃いのが mist

mist より濃いのが fog

fog より濃いのが damp

辞書では mist 「かすみ」   fog 「もや」



ちなみに雲は「空中に浮かんだ状態」だそうです


仙人が食べたのは「かすみ」

もや きり くも はやはり似合いませんね

となると仙人はかすみのようなものでさえも春しか召し上がらなかったのですね

やはり仙人らしいではありませんか



さてさて

昔の人はこの霞がたなびくと

農耕の準備をはじめたということです


日本は四季がはっきりしていて

また それを敏感に捉える感性

これが「言葉」を育んだのですね


自然を敏感に捉える感覚大事にしたいですね



千葉県鴨川で撮った菜の花畑です





一般社団法人橘流恕学(jyogaku)アカデミーhttp://tachibanaryu.net/


一般社団法人橘流恕学アカデミーでは、マナー研修・茶道・和文化などを通して
「恕」の精神を伝えています
「恕学」とは「自分を受け入れること」「相手を受け入れること」「互いに想いを馳せ合うこと」「相手の身になる」を実践して豊かな人生を送るための学びです
 

橘 凛保(Riho Tachibana)



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マナー講師)
社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師

孔子の教え「恕」の精神を科学で紐解くマナーコーチング講師

単なるマナー講座ではなく、マナーを身につけること、所作や姿勢を変えることで、生き方を変える「マナーコーチング」を実施。自信をもち、人生を生き生きと生きるための「TOCfEコーチング」を実施。悩みをご自身で分析するファシリテーターをつとめます。

080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「講習」のコラム