貧しいけれど何にお金を使うか? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

村本 睦戸
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年11月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貧しいけれど何にお金を使うか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話



本当に貧困の場合はそんな考えもないし携帯もないので今回は置いておきます。
貧しいというのは一応飢ない程度に食べられて何か生活福利厚生税金、安全健康を守るために行政になめられない程度に話し合える知識と行動できる状態での貧しさとします。
書き出すと何が貧しいのか?という感じですが多くの人は満足していないはずです。
過去を恨み未来に不安をもち隣を妬みもっとモノが欲しく愛が欲しいからです。

なんかひどい人間のように感じますがそれが今を生きているということだと思います。
こんな状態でせっかく手に入れたお金を何に使うとよくなるか?
喜捨
というキーワードがあります。

より状態の良くない人に自分の持っているものを分け与えるか文化など人の心に寄与するモノや活動に使うか自分の勉強に使うかですね。
もし、お金の使い道がよくわからない場合は試してみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム