心の知能指数―感情をコントロールする - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
星 和美
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年06月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心の知能指数―感情をコントロールする

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

今では『アンガーマネジメント』なんて言葉も普通にあります。感情をコントロールすることは人によっては大きなテーマです。

喜怒哀楽、さまざまな感情に善し悪しはありませんが、出す場所を考えたり、出し方を調整したりする必要がありますね。

これは『心の知能指数』(Emotional Intelligence)と呼ばれ、EQと省略します。

他の人の感情を理解できることも『EQが高い』ことの特徴です。

では『EQが高い』とはどんな人を言うのでしょうか?

私はそこに、共通点があると思っています。それは、

自分の感情を客観的にみられること

たとえば「悪口を言われて、腹が立った」という流れがあったとすると、


悪口を言われた



腹が立った



腹を立てている自分に気づいた



自分が腹を立てている源が何かを知っている


と俯瞰することです。

アンガーマネジメントの方法のひとつに、「腹が立ったことを書き出してみる」というエクササイズがあります。自分は何に腹を立てるのかを書いておくというものです。

心の中でつぶやいてみるのもいいかもしれません。

感情は考え、価値観、信念から発生するので、人によってトリガーが違います。この点を知っておくことは自分を知る上でも、相手を知る上でも大切なことなのです。

なので、よくわからない複雑な感情にうずもれている時には、それが自分のどんな価値観と結びついているのかをコーチングのセッションで見に行くこともあります。


 |  コラム一覧 |