Ω トントン拍子の交際の中で思うこと - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Ω トントン拍子の交際の中で思うこと

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

────────────────────────────────────


            マーチン先生の結婚紹介所


    毎月先着1名様 入会金・登録料が半額に! 108000円→54000円

    入会中は何度でもご相談OK! 更に、ご成婚退会時も
    電話相談6回付きで、ゴールインまでをフォローします。

   詳しくは >> http://www.martin.ne.jp/counseling/marriage.htm

────────────────────────────────────
Ω トントン拍子の交際の中で思うこと

最近はお見合いアプリや、
フェイスブックでの出会いが多くなっていますね!

なかなかいい人に出会えない……という話も多いのですが、
ちゃんと出会える人もいらっしゃいます☆

というわけで、今回はお見合いアプリで出会った方のお話をご紹介いたします!

<メール>-------------------------------

はじめまして、ことこです。
メルマガいつも楽しく真剣に読んでいます♪

私はもうすぐ29歳、彼は23歳です。
知り合ったキッカケはFacebookのお見合いアプリでした。年が離れているので
あまり期待はしていませんでしたが、初めてのデートですごく気が合い、
そのままお泊まりをして、付き合い始めました。またこの日、帰り道で私が
アプリを退会したら、彼もその場で退会処理をしてくれました。

自然に、いい寝具を揃えて、夕ご飯と朝ご飯をたくさん作って、お弁当を
持たせてあげて……と、できることを自然にやっている自分がいます。
そのおかげか、週に2~3回は泊まりにきてくれています。
こんなにトントン拍子にうまくいくことがあるのかと、いまでも夢みたいです。

とても幸せなのですが、一点だけモヤモヤしているところがあります。
それは、彼にお金がないことです。

彼はこの春に大学を出て教育系のNPOで働いています。
掛け持ちで別の仕事をして頑張ってはいるのですが、月半ばで金欠になり
外食が全くできなかったり、100円節約するために離れた駅を使用するなど、
カツカツのようです。

彼は個室のシェアハウスに住んでいますが、夏から知人のお金持ち男性にルーム
シェアをさせてもらうことになりました。彼を応援したいのですが、自立できなく
なってしまいそうで、このまま色々と細々したお金(ウチに来たときの食費や
光熱費等)を出してあげていていいものか、わからなくなってしまいました。

また、私は旅行やスノボ、ダイビング等のアクティブな遊びが好きです。
今後もできれば1~2ヶ月に1回くらいはしたいと思っていますが(女友達です)
彼に、嫌な思いをさせてしまわないかな……とも思っています。

今は私のことをキレイだと言ってくれますが、「やっぱり若くて経済的感覚が
一緒の女の子がいい」と言われたら悲しいので、できることは頑張りたいです。
ざっくりとした不安で申し訳ありませんが、ご意見頂けると嬉しいです。

<メール、ここまで>--------------------------


さあ、ことこちゃんのお話について、どう思いますか?
いくつか、お伝えしていきたいと思います。


◆ 女性が年上の恋愛って? ◆

最近は、女性が年上のお話が多いですねぇ☆
今回は歳の差は問題になっていませんが、少しお話を。

ことこちゃんのように、女性が年上でも20代~30代前半でしたら、
ほとんど(全く)問題になりません。結婚に繋がるお話も普通にあります。
男性側が「なんで、そんなに歳の差を気にするの?」と、女性が年齢差を
気にする理由がわからない、そんなことが多いものです。

ただ、もし本当に結婚したら将来的には、旦那さんが若い子と浮気を……という
可能性が高まりますので、そこだけはちょっと心構えが必要かな? というのが、
僕の正直な意見です。 ←そうなのです(苦笑)

例えば、旦那さんが35歳の時、ことこちゃんは41歳。
もし、同じだけ年下の女性だったら、29歳。
こんな風に考えて、若い子に気持ちが向いてしまう可能性が高まるのです。

「必ずそうなる」という話ではありません。あくまで可能性の話ですよ☆

また、女性が大きく年下ですと、旦那さんに大事にしてもらいやすい……
というのも、こういった部分が理由です。ですので僕は、基本的には男性が年上で
女性が年下、というスタイルをお勧めしています。

※6月9日配信の「崖っぷち思考をしてしまう時の奥義」では、女性が30代後半で
 男性が一回り年下のお話を取り上げています。ことこちゃんとは状況が違います
 ので、こちらもご参考下さい。 http://dr-martin.jp/blog-entry-768.html


◆ 交際の進め方 ◆

では、内容についてです。
お二人のお付き合いは、すごくいい感じだと思います。ことこちゃんがサイトを
退会した時、彼もその場で退会してくれたのが、まず良いですね! すごく信頼
できる感じがします。実際、その後のお付き合いも週2~3回お泊りができて
いますので結果も伴っています。

※サイトで出会って交際を始めるなら、まず自分がサイトをやめて、
 相手にもやめてもらうように伝えましょう。そこでほぼ白黒がハッキリします。

そして「初デートで初エッチ」という事例、最近はあまり出てきませんでしたが、
「初デートで初エッチをしても、ちゃんとした相手であれば付き合える」という
わかりやすい事例だと思いました。

エッチはいつするかが大事なのではなく、誰とするかが大事なのです。
(つまりは、相手次第ということです)

ことこちゃんはタイミングを逃さずに、チャンスを掴めたと思いました。


あと、注目したいのは、こちらのお話です。

> 自然に、いい寝具を揃えて、夕ご飯と朝ご飯をたくさん作って、お弁当を
> 持たせてあげて……と、できることを自然にやっている自分がいます。
> そのおかげか、週に2~3回は泊まりにきてくれています。

「お泊りを増やすために広いベッド(お布団)を買いましょう!」という話を
以前にもしたことがありますが、これを自然にやっておられるのが良いと思い
ました。広い布団ではなく「いいお布団」を買ったのかもしれませんが、
いずれにしても「寝心地の良い家」にすることは、お泊りを増やすコツなのです。

そして、夕ご飯と朝ご飯の話も、いいですね。
お弁当を持たせてあげるのも、すごくいいと思います!
これから先は、もっとお弁当に力を入れてみたら、いいと思いますよ。

なぜかというと、そろそろ慣れてきて、お弁当が手抜きにやりやすいので、
そういう時期に「盛り上がったお弁当」を作ると、自分のためにも良いのです☆
お弁当の話は、ご覧の皆さんでも、できる人がいらっしゃると思います。

お弁当を持たせてあげて、それを喜んでくれるか、喜んでもらえないかは、
やってみないとわかりません。


なので、できる人は一度やってみたらいいと思います。

「私のお弁当と一緒に作ったから、よかったら持って行って(^^)」

そんな感じで伝えてみたら良いでしょう。

そして、その時の彼の顔をしっかり見ておきましょう。
本当に喜んでくれるか、困ったような顔で「あっ、ありがとう」と言うか。
あとは、その日の昼や夜にどんなお礼メールがくるか、です。

本当に相手が喜んでくれているか、そうでないか。
それを見極めるのは自分であり、その力が「ありがとう法」には大切なのです。

ありがとう法 >> http://www.martin.ne.jp/point/


◆ 男性へのアドバイス ◆

ここで、ちょっと男性へのアドバイスです。
上記のように彼女が頑張ってくれたときには、まず言葉と笑顔で「ありがとう」と
伝えましょう。これは、料理を作ってもらったときも同じです。男性一般、
「美味しければ黙って食べて、マズイと文句を言う減点法」の人が多いですが、

これは、性格悪いですよーーーっ☆

自分たちだって、「女はグチばっかりで面倒くさい」と言うじゃないですかっ?
でしたら、それを自分の身にも置き換えて文句を言わず、お礼を言う人になり
ましょう。まず、ここまでが第一段階♪

そして、第二段階として、きちんとお返しをしましょう!

外食をしてご馳走してあげるとか、何かプレゼントをあげるとか、
そういう「行動かモノ」で、実際に示してあげましょう。こういった気づかいは、
言うまでもないことだと思うのですが……実際にやっている話がほとんど耳に
入ってこないのが現実ですぅぅぅぅ。

たぶん、みんな、彼女に今すぐフラれたらイヤなはずです。 ←だよね!?

にも関わらず、いて当たり前どころか「付き合ってやってる」になっている。
そうなると、感謝の気持ちが持てなくなってしまいます。

「今すぐフラれたらイヤだ」、これだけでも納得頂けるなら、
次回から会う度に「今日もありがとう」「いつも来てくれて嬉しいよ」と
コトバにしましょう。

そうやって言葉にすることで、気持ちもそうなっていく。
それだってアリなのですよ☆


◆ ホントはわかってる、その本音 ◆

話は戻って、次に、ことこちゃんの改善点です。
僕はご相談を聞いて、こんな事例に似ていると思いました。

「彼はスカートが好きだというんですが、私はパンツが好きなんです。
 やっぱりスカートをはいた方がいいですか?」

「もっと女っぽくしなよ、とよく言われるんですが……
 やっぱり、女っぽくした方がいいんでしょうか?」

いずれも「もちろん、その通りです」となるのですが、
これら2つの本当の問題点は、

「聞く前から答えが分かっているのに、でも、やっていない」という、
その考え方(頑固さ)、素直になれないところなのです。


ことこちゃんのお話で言いますと、この部分です。

> また、私は旅行やスノボ、ダイビング等のアクティブな遊びが好きです。
> 今後もできれば1~2ヶ月に1回くらいはしたいと思っていますが(女友達です)
> 彼に、嫌な思いをさせてしまわないかな……とも思っています。


これ、誰に聞くまでもなく、嫌な思いをさせるに決まっていますよねっ☆

もし本人に聞いたら「気にしないで行ってきていいよ」と言ってくれると
思いますが、本当に100%そうなのか……というと怪しいでしょう。
「いえ、本当に気にしませんよ」という答えだったとしても、毎月1回を
半年、1年と遊び続けたらどうだろう、と考えたら答えが見えると思います。

また、「やっぱり、嫌な思いをさせてしまうかな?」という質問は
「そんなことないよ、と言って欲しい質問」になってしまうわけです。
つまり、聞いても意味がないですし、聞くべきではない質問だと言えますね。

あと、ことこちゃんは、主にお金のことに目が行っているようですが、
彼にとってこの話は、「男性面、金銭面の両方」で気になる話だと思います。

スノボやダイビングに女同士で行っても、声をかけてくる男性はいくらでもいます。
こういうとき女性は「でも、私はそんなつもりないし」と仰いますが、「初めは
その気がなくても、その気になった」なんてお話は、相談事例をちょっと見ても、
普通に出てきます。……というか、ことこちゃんご自身がそうですね☆

> あまり期待はしていませんでしたが、初めてのデートですごく気が合い、

なので「自分にそのつもりがない」は、全く説得力がないと覚えておきましょう。
また、彼くらい若い男性でしたら、そういうことが気になって普通ですよ。


そして、お金の話ですが、お家に来てくれたときの食費は普通に出してあげ
ましょう。これは「おもてなし」という気持ちで考えたら、良いと思います。

出すべきでないのは、デート代を全て負担するような場合です。
例えば、外食して毎回全部ご馳走する、旅行に行って旅費を全額負担する、
ホテルに行ってホテル代を全部出す、などですね。

また「遊びに行きたい」という話ですが、彼は100円を大事にする生活ぶりです。
そんな人に、「1~2ヶ月に1回ダイビングに行く」なんて言ったら、これまた
気分を害する可能性が高いでしょう。

> 経済的感覚が一緒の女の子がいい

いえ、そうではありません。

これは経済感覚というより、人としての思いやり、気づかいの話です。

お金がなくて、3日間食べ物を食べていない人の前で、
堂々とお弁当を買って、食べることができますでしょうか。

これは経済感覚の問題ではありませんよね。人としての思いやりの話です。
これと全く同じ話になっていることに、気づくことが大事です。

こういったことを踏まえ、

> 私は旅行やスノボ、ダイビング等のアクティブな遊びが好きです。

どうするのが正解なのか。
それを、しっかり考えて欲しいと思いました。

「お金がなくて、3日間食べ物を食べていない人の前で~」のお話を、
どうするのが正解なのか考えたら、ことこちゃんの答えも見えてきますよ。


◆ 余計なお世話!? にならないように ◆

そして、彼の自立云々というお話です。
僕個人の意見としてはシェアハウスは、あまりお勧めいたしません。
それ自体が自立している生活ではないからです。

しかし、「じゃあシェアハウスにいる人は、みんな自立できないの?」というと、
それは言い過ぎだと思います。だから、まずは「彼自身がやりたいように精一杯
やること」が大事であり、それを恋人として応援してあげるのが良いと思います。
意見を言うのは、その後でしょう。

また、これは厳しい指摘ですが、僕は今のことこちゃんが「彼が自立できるか」
という心配をするのは、余計なお世話ではないかと思います。ご相談を受けていて
思うのですが、女性はこれをやってしまう人が目立つ傾向があると感じています。

わかりやすく言いますと、将来的な自分の不安を「彼のためを思って」のように
言い換えて言ってしまうのです。今回ですと、ことこちゃんは彼との結婚を多少
なりとも意識していると思うのです。

そんな中、「彼にお金がなかったり、自立してくれないと結婚を考えにくい」と
感じていると思うのですが、こういった自分の不安を「彼のためを思って」の
ように言ってしまう……ということです。

今回ですと、彼はまだ23歳で大卒1年目です。
まだまだ、自立できていなくても珍しいことではありませんし、
お金がないのも同じです。

僕個人の意見で言えば非営利のNPOに入る=貧乏確定のような気がしますので、
ありえないと思いますが、これは個人の価値観の問題です。NPOで立派な活動を
している人もたくさんおられますので、他人が口を出す問題ではないでしょう。

それよりも、先程の「経済感覚の話ではなく、人としての思いやりの話である」と
いった件のように、ことこちゃん自身も、まだまだな部分があるわけです。

これは29歳という年齢を踏まえると、身に付くのが遅いと思います。
彼との交際の中で、もっと自分自身にも目を向けて「29歳にふさわしい自分」に
なれるように頑張って頂けたらと思いました。


…………。


最後、深く突っ込んだ厳しいお話になりましたが、
お二人の交際それ自体は、非常に良い感じだと思います! ←ホントですよ☆

ここで油断せずに、改めて姿勢を正して、
もっと良い関係を築いていきましょう!

                  written by Martin 2015.06.30


☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆



●このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUM。
まぐまぐ「恋愛・結婚」カテゴリ、有料メルマガ 1位~2位!(週により変動)


 毎週4つ程度のコンテンツでお届けしています。
 1か月分、毎週火曜日発行(第5週目はお休み) 税込540円です。
 ご購読の初月は無料でご覧になれます。

お申し込みは すぐできます!

●まぐまぐ(有料メルマガ)を「初めてご利用の方」
 こちらから、無料会員登録とメルマガ購読仮登録を同時に行ってください。
 https://mypage.mag2.com/entry/UserRegistTerms.do

●既にまぐまぐ(有料メルマガ)をご利用の方
 こちらから、マーチン先生の恋愛教室PREMIUMをご登録下さい。
 http://www.mag2.com/m/P0000272.html
               ▼
               ▼
どちらの場合も、すぐ登録されたメールアドレスに
「購読仮登録完了のメール」が届きます。そのメールから本登録をして完了! 
月の半ばでお申し込み頂いた場合は、当月分のバックナンバーが即時届きます。

※クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振込みでもご購読頂けます。
 office@martin.ne.jp まで「PREMIUM定期購読希望」としてお送り下さい。

皆様のご登録をお待ちしております。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

○マーチンに直接会って相談したい人、電話やメールで相談をご希望の方。
 https://www.martin.ne.jp/counseling/

○PREMIUM読者のあなたは、無料掲示板で優待者として相談できます。
 無料相談掲示板、悩みの足跡はこちら。http://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■発 行  マーチン先生の恋愛教室 http://www.martin.ne.jp/
■著 者  恋愛相談師マーチン

┌──┐   hope your Mail…
│\/│  owner@martin.ne.jp
└──┘
Copyright (C) Since 2000 Martin's Love School All rights reserved.
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
【ご愛読解除は下記URLからお願いします。ご返信頂いても解除はできません】

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。