そこに愛があるか。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

最近、思うことがあります。

それは、愛がなくなってきた。。。
街全体に、愛がなくなってきた。。。

超!悲しいのですが、事実な気がします。

どこにフォーカスするか、注意して選んでいますが、街を歩いていると、どうしても気になることがあるんですよね。

歩きタバコ、そして火がついたままポイ捨て。(前からあった。)
路駐(取り締まり当初に比べて、また、前に戻った。)
スマホ。(これは、全世界で問題になっている。)

歩きスマホって、その人自身はまあいいのだと思うのですが、その影響で、ホームでぶちあたったり、横断歩道を渡るのが遅くなったり、エレベーターに乗るのが一呼吸遅れたり。

自分の世界はいいのだと思うのですが、それが他人に与える影響を考慮する人が減った。。。

でも、本当は違うのですよね。

顕在化しなかっただけ。
街を歩く他人に考慮できる人とできない人、というのは、最初から存在していて、スマホが普及したことでそれが顕在化しただけ、なんですよね。

バカッターと同じです。

実は愛がある人が減ったのではなく、もともとの愛がある人の比率が明確になってきた、というだけなんですよね。

そう解釈すると、街を歩くのも少し怖くなくなります。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |