3Dタッチビュー(超音波画像診断装置)を使った方が脂肪吸引はうまくいくのか? - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3Dタッチビュー(超音波画像診断装置)を使った方が脂肪吸引はうまくいくのか?

- good

3Dタッチビュー(超音波画像診断装置)をつかった方が良いのか?という事で考えられている患者様は多いと思います。

実際の所、3Dタッチビュー(超音波画像診断装置)を使えば脂肪吸引がうまくいくわけではありません。
これは患者さんが目に見て分かりやすいように、安心出来る様に使うもので、一般論を言えば、3D使わなくても全然問題ないかと思います。

脂肪吸引の出来栄えに関して言えば、最終的にはDrの技術という事になります。

しいて言えば、3Dタッチビュー(超音波画像診断装置)を使うと、頬・顎などの顔部分、二の腕、ふくらはぎの脂肪吸引など皮下脂肪が少ない箇所にどのような変化をもたらしたかが一発で分かるという事でしょう。

視覚的にデジタル上の白い皮下脂肪の部分が術前術後で無くなれば、安心できるという事です。


脂肪吸引を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。
ご相談番号  090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡
お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)



 |  コラム一覧 |