103万のバカの壁 - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

103万のバカの壁

- good



本日のニュース・・・政府・与党は「配偶者控除」の縮小を

2015年度税制改正には盛り込まず2016年度以降に

先送りする方針を固めたそうです。


私がまだヤンキー若妻で国民年金と厚生年金の違いも分からず

毎週土曜日大黒PAで遊んでいた頃のお友達Eさんからこんな電話が・・・

Eさん「どうしよう~、今年パートで働き過ぎて103万超えちゃう~


    もう、シフト入れないでおこう」


私「103万で配偶者控除がなくなるから?」

Eさん「だって、税金がすごく高くなるんでしょ


私「もしや…38万円税金が高くなると思ってない


Eさん「いや、そこまでは思ってないけどw

     すごく壁あるよね。」

私「私も昔はそう思ってたw

  38万円は所得控除額だから、

  ざっくりいうと年収400万の人で5%掛けの所得税は1万9千円、

  年収500万の人で10%掛けの3万8千円増になる。」

  Eさん「そうなんだ。ウチもどっちかになるわ。」

私「それだったら103万超えて141万までは

  配偶者特別控除があるしね。

  1万9千円なら住民税入れても5万ちょっと

  Eさんの税金入れても6万・・

  税金は払わないために仕事セーブするより

  もっと働いて稼ぐという方法もあるよ。


  会社によっては夫の給与に家族手当ついてて

  それが103万超えるともらえなくなる場合あるから

  それも確認して考えてみてね。

  ちなみに社会保険の130万の壁の話もいる


  Eさん「なにその130万って」

・・・・話は続く・・・




103万超えると配偶者控除が無くなる

→夫の課税所得金額が38万円増える

→とてつもなく税金上がりそう



って思いませんか

(私は思ってしまいました


実際に夫の税額は増えるのだけれど、具体的にいくら増えるか

計算せずに「103万超えるとヤバい
」って

制限をつけている人が結構多い気がします。

(私だけ



そういう意味でも配偶者控除が縮小される方が

女性の社会進出を促すのではないかと考えています。

(少数派



女性の社会進出という意味で配偶者控除が

縮小するなら、その代わり、

少子化対策のために扶養控除もとに戻して~


子ども手当と同時に16歳未満の扶養控除なくすってどうなの~


気が付いたら特定扶養控除も16歳以上19歳未満ないし~


ウチの子早生まれだから何だか結構損してるんですけど~w



と、予算が厳しいけどお願いしてみた



過去のヤンキー若妻はその後ヤンママ→シングルマザーと

変態をとげw

今は行政書士の他、専門学校で会計教えたり、

給与計算教えたりもしています


先日生徒が

「先生、どうしよ


私今年働き過ぎて103万超えそう~

お父さんの扶養から抜けてお父さんに迷惑かけちゃう~


と相談してきました。

『授業で習った知識を即実生活に活かし


『学生をしながらアルバイトで103万近く稼ぎ


『とっても親想い


なんて素晴らしいの~


過去の私に爪の垢を煎じて飲ませたい・・・



 
にほんブログ村にほんブログ村




結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで









 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。