恥を知り良馬になる! - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

恥を知り良馬になる!

- good

徒然日記

「良心に従って生きる」
これが大切なのだと、松井さんが教えてくれたことがあります。


良心に従うとどうなるかというと、自分の内面にある恥に気付きます。
恥には、内面的なものと外面的なものがあると二年前に書きました。
【二種類の恥】http://ameblo.jp/mikatakakumei/entry-11421737909.html



外面的な恥を気にしすぎると、人目を気にしすぎて神経質になってしまいます。
だからといって、「俺には俺の生き方がある!」というのは、厚顔無恥であって、そのまま生きていったらどうなるかは目に見えますよね。
厚かましい生き方に嫌気が差していった人は離れていき、孤独な老後を送ることになるやもしれません。


良心を知る人というのは、内面と外面の恥に敏感なものです。
外面の恥というのは、外に媚びるということではありません。
内面の恥を徹底的に見て実践していくと、内面的な反省をしつつも、外面的には堂々と生きていくことが出来ます。
生き方に恥じるところが無いからです。
堂々と生きることと、図々しく生きることは、まったく異なるものです。


内面の恥を知ると、自分が何をしていけば良いのかが分かるので、自ら考えて行動していくことが出来ます。
ところが内面の恥を知らない人は、誰かから尻を叩かれないと動きません。
厚顔無恥で生きている人は、周りの人の助言など聞き入れようともしないのです。
すると、また注意されるようなことになりますが、「面倒くさいなぁ…。」というような態度で動き出します。
そこに自主性などというものはありません。


ブッダは、こういう人たちのことを馬に譬えて伝えていました。
「良馬というのは、ムチの影を見ただけで走り出すが、ムチで叩かねば動かないというのは駄馬である。ムチを受けても蹴られても動かないのは、どうしようもない悪馬である。」


言われて渋々動いているうちは駄馬なのです。
そして、何を言われてもこたえず、何も変わらない…というのは悪馬です。
恥知らずというのは、こういう人のことを言うのかもしれません。
内面的な恥は良心から起きてくるものであって、恥を知らないというのは、自我の強い生き方をしているということです。


自分の生き方を通す人は二種類いるのです。
一つは、エゴに動かされて生きている人。
一つは、良心に従って生きている人。


内省せずに我侭に生きるのか、内省しながら堂々と生きるのか…。
あなたは良心に従って生きておりますか?(^_-)-☆


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪ 


12月14日(日)、色と空を超越した世界とは?  

心の勉強会(上級編)申込みフォーム


11月16日(日)、真理の器「唯心」とは?

心の勉強会(中級編)申込みフォーム 


11月23日(日)・26日(水)、宇宙の法則とは?
気功と仏教の入門講座申込みフォーム


<松井式の各種体験講座>


松井式気功美容(小顔)マスター体験講座申込みフォーム 
 

松井式気功美容(脚)マスター体験講座申込みフォーム 


松井式親子気功マスター体験講座申込みフォーム