顎はどのくらい短く出来るの? - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

顎はどのくらい短く出来るの?

- good

中抜きの骨を切るラインとしては、オトガイ神経5mm下。
下顎骨下端の5mm上の部分までの切除になります。

2つのラインの間がどの程度あるのかによって、
切除できる部分(短く出来る部分)が違ってくるのです。

顎が長い方の場合には、最大12mmまで短くすることが出来ます。

顎がそれほど長くない方が中抜きの手術を行った場合には、
3mm前後しか切除できない場合もあります。

輪郭形成をする際には、基本的にレントゲンを撮ります。
レントゲンを使用しない医師などはとても危険と言えるでしょう。

オトガイ神経の位置や下顎の長さを確認する必要があります。

顎の骨切りの手術は、
段差を最小限にするため、スムージング作業を丁寧にできるか
たるみを防ぐため、皮下組織を最小限のダメージにできるか
形成外科、頭蓋学外科分野の権威であるか
医院には麻酔科標榜医などの設備は整っているか
 が大切です。

顎切り・オトガイ神経の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |