誤解を避けるには? 感性と理性をフル活用!!! - 英語教室 - 専門家プロファイル

中山 航
Language School ~航~ 代表
東京都
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

誤解を避けるには? 感性と理性をフル活用!!!

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語教室
久しぶりに

for the first time in a long time
(長い時間の中で初めて⇒久しぶり)
or
after a long interval
(長いインターヴァルの後で⇒久しぶり)

(5年ぶりですかね?)

会った生徒がまた英語を勉強したい!

といって塾にまた通いだしてくれて

ちょっとうれしかった

中山航です。


以下採録です

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

前回のブログでは

前に身に付けたこと邪魔して

新しいこと憶えられないとか、誤解してしまうとか、混乱してしまうことを

proactive inhibition 順行抑制
or
proactive interference 順行干渉

とか言います。

で終わったのですが、

a problem を見つけて

放っておくのもなんなので(解決できるはず)、

solutions 解決策 2つ書いてみます。


①の例は、僕にとって英単語でいえば、

be indifferent to ~”=「~に無関心だ」という表現です。
前に憶えた”different邪魔してきました)

“be indifferent to ~” 『~に無関心である』

接頭辞を用いて
感覚的な説明 

より正確な説明をしてみましょう。



感覚的な説明(感性)

皆さんは、洋服を買った後で、

誰かに言われた時はありませんか?

「また同じの買って!」というふうに。

確かに人の好みというのはあるもので、

他人から見たら、

「同じように見えるかもしれない」けど、

僕は(私は)違うものを買ったんだ!」

と思いませんか?


僕なんかプラモデルを買ってくると

「また同じの買って!」

と言われることがありますが、

同じガンダム(RX-78-2)でもPG MG HG FG 全て

違うんだーい (ってどうでもいい)


☆そう、『関心がない』人は

違い』 “different/difference” が

分から『ない』

接頭辞“in”は『否定』を表せます。



より正確な説明(理性)

実は “different” の “dif”は発声の都合上、

dis”(分ける→向こうに)が変化したものです。

fer”が『運ぶ』という意味です。

ですから、 “different”は

向こうに運ぶ』に由来します。


違うもの、異なるもの

向こうに運ぶ

となれば、

☆“be indifferent to ~” は

~に"to" 向かって(dif) 

(気持ちを)運ば “fer”

ない(in は否定の接頭辞)


→『~に無関心である』と言う意味になります。


ちなみに “よく大学入試でも、TOEFLでもTOEICでも、

設問によく出てくる “infer”という単語は

“in” (ここでは、頭の中で) “fer” (ことを運ぶ)

→『推測する』という意味です。


いかがでしたか?御分かり頂けたでしょうか? 

単語を記憶する時に、闇雲に書きまくったりしなくても、理解できるから記憶できることも
多々あるんですよ。詰め込もうとすると、記憶の邪魔をしようとするメカニズムが、働いて
しまうことがあるのです。理性と感性をもっとフル活用するといいと思います。


そういえば、このようなものも以前書きました。





高校の先生用でどうも学校にあったらしいです。




興味のある方は
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

池袋の英語塾 難関大学受験 だけでなく

難関高校受験だってもちろんOK

特に 英語 長文読解 はお任せあれ!

もちろん 小学生からTOEIC・TOEFLも お任せあれ!

Language School ~航~


代表 中山航

にご連絡をm(_ _ )m



英語と現代文と古文だけじゃない

全科目制覇のために


 
  


ついでにもう一度(何度?)広告を

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

Pronlem って何だ? Part III 中山 航 - 英語講師(2014/04/30 19:12)

Problem!! って何だ? 中山 航 - 英語講師(2014/04/28 23:52)

英語のリーディングスピードの壁... を超える Part II 中山 航 - 英語講師(2014/04/24 18:23)

英語のリーディングスピードの壁... を超える!! 中山 航 - 英語講師(2014/04/22 21:46)