流される - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
うえた さより
(マーケティングプランナー)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者の9割がリピーターになる!

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。


今日はまた冬に逆戻りのような、寒い一日ですね・・・


皆さんいかがお過ごしですか?



物事の捉え方、自分自身の捉え方も千差万別、それぞれに違います。


心理学でいうビリーフ(bileif)ですが、現代ほど「これが自分である」ということを確信する、これが難しい時代はないのではないでしょうか・・・



いろいろな要因はあると思いますが、ひとつには情報があまりにも雑多であること、そして情報を手に入れることが簡単になったことが大きいと思います。



「その雑多な情報の中から、自分はどれを信用するのか」

「どれを捨てて、どれを選ぶのか」


これがとても難しいように思います。



そしてもっと難しいのが「流されないように自分の意見を大切にする」こと。



大勢の流れが「真実」であるように報道されている現代だからこそ「本質」を見極める姿勢が大切です。



政治の本質、教育の本質、研究の本質、医療の本質、企業の本質・・・


そして基本は「人間の本質」です。



そう考えると、人としてどうあるべきかが「根本」ということでしょうか。



人は、特に人の感情はとかく流されやすいもの。


そのことをしっかり頭に入れて「自分はどう考えるのか」「どう捉えるのか」「どうするのか」考えて行動することでしょう。


私が現在病院や歯科医院のドクター・看護師・受付職員に向けて行っている活動が「患者の9割がリピーターになる!共感問診力アップメディカルコーチ」です。



問診力に特化していること

・課題点解決方法を「コーチング+コンサルティング+実習」で確実に身につけてもらえる

コーチ、カウンセラー、研修講師の実績と経験を持つ私である


以上の3つの特長を生かしたこのプログラムを、是非お試しください。


   詳細はこちら →  http://cst-team.com


「共感問診力アップメディカルコーチ」で検索してください。