所有物と借り物 - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所有物と借り物

- good

徒然日記

つい先ほどのことです。
「これは、みなの物だからダメ!」
と、3歳の水斗と8歳の花音がオモチャを取り合ってケンカをしておりました。
こんな光景、子供が複数いる家庭なら、度々見かけるのではないかと思います。


話しは変わりますが、たまに子供達と一緒にDVDを借りに行くことがあります。
3歳の水斗はDVDの使い方を覚えて、自分で入れようとするのです。
まだ雑に扱うようなところがあるので、読み込む面を傷つけないかとハラハラすることもあります。
これが我が家が所有しているDVDなら別に構わないのですが…。


何が言いたいかと言うと、借り物なら大切に扱う…ということです。
一方、自分のものだと思ってしまうと、傷付けてもいいか…というように考えてしまうものなのですね。


私達は、この世のものをお借りして姿を現しています。
これは誰しもが同じことで、生き物だけではなく全てのものが借り物です。
借りたものは傷つけないようにしなくてはなりません。


暴力で傷つけるのも以ての外ですが、言葉で傷つけてしまうこともあります。
自分も相手も借り物。
全てのものは借り物だからこそ、大切に扱う必要があるのです。


「これは自分のもの!」
その所有するという心が、残虐なことを平気でしてしまうのです。


「俺の社員だから。」
「私の子供だから。」
と、自分の所有物のように思い通りに扱うことは、民衆を奴隷のように扱った世界の皇帝と同じようなものです。


この世には、自分のものなど何一つ無いんです。
全ては借り物。
だからこそ、目の前にいる人を傷付けたらいけないわけですね。


そして、あなた自身も借り物なわけです。
自分を粗末に扱っていいわけがありません。
本当に人のことを思うということは、自分のことも大切にするということです。
自分も大切、相手も大切。
全てのものを借り物だと忘れないようにしていきたいものですね(^_-)-☆


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪