歌舞伎の間合い - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者の9割がリピーターになる!

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。


昨日、歌舞伎鑑賞に行ってきました。


歌舞伎座新開場杮葺落「鳳凰祭3月大歌舞伎」です。


人間国宝の4名の役者が出演する、素晴らしい演目でした~!(^^)!



歌舞伎は日本が世界に誇る伝統文化のひとつ。

その煌びやかさや美しさは皆さんご存知だと思いますが、昨日は別の視点で見ながら感じたことがあります。


それは舞台全体を見てみると、役者はもちろん、下座、黒子、後見・・・その一部の隙もない、見事な「間合い」、これはコミュニケーションそのものでした。



これはひとえに皆さんの日頃の練習の成果だと思いますが、そこには「お互いの立場を理解する」という気持ちがあるからこそ、出来上がるものだと感じました。


役者だけでも出来上がらない、どんな立場の人の存在も「なくてはならない大きなもの」だという理念が、受け継がれてきたからこそ、観客に大きな感動を与えられるのでしょう。



「お互いの立場をお互いに理解し合う」これが、人とのコミュニケーションを円滑にし、お互いが◎の気持ちになれるのです。



一つの大きな成果に向けて、心をひとつにすることで、目に見えない大きな力となり、相手の心に響く。


病院の現場も同様で、いつも患者の為にやっていることでも、それが患者の方に伝わっていない場合もあります。やはり自分では見えない部分がたくさんあるのです。


私が現在病院やドクター・看護師・受付職員に向けて行っている「共感問診力アップメディカルコーチング」です。



問診力に特化していること

・課題点解決方法を「コーチング+コンサルティング+実習」で確実に身につけてもらえる

コーチ、カウンセラー、研修講師の実績と経験を持つ私である


以上の3つの特長を生かしたこのプログラムを、是非お試しください。


   詳細はこちら →  http://cst-team.com


「共感問診力アップメディカルコーチ」で検索してください。